プロフィール
メルボルン好きタコ社長のスタッフ達
メルボルン好きタコ社長のスタッフ達
気がついたらメルボルンに移り住み、メルボルンの生活がすっかり身についてしまった。そんなメルボルン好きの仲間達がここメルボルンから現地情報をお伝えしていきます。
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ人気ブログランキングへ

2012年02月14日

格安セブ島珍道中!第二弾 その⑤

セブでの楽しみの一つとして外せないのが、マッサージ&SPA。



セブでもマッサージショップは沢山あります。街中の安いところでは30分100ペソ(200円)程度なんていう激安ショップもあり、留学生も気軽に通えるとありフィリピン留学の際にはほぼ毎日通っていましたという学生さんもいました(笑)



激安ショップも良いのですが、たまにはちょっとリッチに上質のマッサージを受けてみたいという人も多いのではないでしょうか。



そこでセブで定評があるマッサージショップを調べたところ空港があるマクタン島にある「ファウンテン アロマ マッサージ」という日本人オーナーのショップを発見。経験豊富なテラピストが揃っていて、空港にもフライヤーが置いてある有名なショップとのことです。



早速、お店に連絡をするとオーナーのまりこさんが丁寧に対応してくれました。



マクタン島内であれば送迎無料という嬉しいサービスも行っています。

僕が宿泊していたのはセブ島のホテルでしたが、今日はお店が混雑してないのでホテルまでお迎えに行きますよと嬉しいオファーを頂きました!



そして、ホテルロビーでまりこさんにピックアップをしてもらいショップへ。



まりこさんはとても物腰柔らかな方ですが、セブ在住暦が長く日本人旅行観光業協会(JATIC)の役員もご担当されているとのことでとても顔が広く頼りになる方でした。



現在の所お客さんの多くは観光客の方なので、観光シーズンとそうでない時に差が結構ありますので学生さんにももっと気軽に利用してもらえればと思います。とまりこさん。



そうこうしている内にショップに到着。全面ガラス張りのエントランスが印象的です。



1階がレセプションとなっており、笑顔が素敵なフィリピン人スタッフが方が対応してくれます



まずはショップ内をご案内します。とまりこさんについて2階に上がると、そこは広々としたリラックスルーム。

 

ここでは主にフットマッサージを行うとのことです。ふかふかのソファーにエアコンが丁度良く効いておりこれはマッサージ中に寝てしまいそうです(笑)



オーナーのまりこさんと記念撮影!



続いて3階に行くとそこは淡いグリーンで統一された綺麗な全身マッサージルームがずらりと並んぶフロアとなっていました。



特筆すべき点は、部屋が1人部屋、2人部屋、3人部屋、4人部屋と分かれており、1人できても、カップルで来ても、家族やグループで来ても気兼ねなく安心してマッサージを受けられるという点です。

 

 

さすが定評があるショップだけあって細かな配慮がされています。

また小さなお子さんがいらっしゃる方は他のテラビストが傍で抱いてお待ちしますとのことでしたので、小さなお子さんを連れの親子留学の学生さんも気軽に利用できます!



そして、待望のマッサージをとのことで、今回は1番人気の「アロマボディマッサージ (70分)」をお願いしました。



驚いたのが70分のアロマボディーマッサージがなんとたったの1,000ペソ(約2,000円)!

日本やオーストラリアではありえないお得感!



まずは、足を洗いますということで、丁度良い温度のお湯で足を洗ってくれます。



その後個室に移ってマッサージを開始です。



また、嬉しいのがこちらはアロマの香りをラベンダー、ペパーミント、ユーカリの中から選ぶことができます!

一番人気はどれですかと尋ねると「ラベンダーです」とのことでしたので、ラベンダーをチョイス。



まずは丁寧に全身のマッサージしてくれます。普段マッサージなどできないので、本当に気持ちいいですね。

 

その後、先ほどチョイスしたラベンダーの香りのアロマオイルで全身をマッサージしてくれます。

 

穂のかに香るラベンダーの匂いがリラックス感を更に演出してくれます。



また、途中でストレッチも入るのですがこれがまた普段運動不足の私には最高でしたね。おお伸びてるー!伸びてるよー!って感じで気持ち良かったですね。

 

途中であまりの気持ち良さに寝てしまいそうになりましたが、寝てしまってはもったいないという貧乏性精神で最後までマッサージを堪能させていただきました。



最後は綺麗にタオルでアロマオイルを拭いてもらって終了です。あっという間の70分ですが、昨日の長時間フライトの疲れも一気に取れました。



メルボルンでももっとお手ごろ価格でマッサージがあればなあ。と心底思いましたね。



今回マッサージを担当してくれたMargieさん



このお店で働き出して1年とちょっととの事でしたが、そのスキルは確かで、本当にスリムな方ですが70分最後までしっかりマッサージをしてくれました。私なら途中で疲れてしまうと思うのだが、凄いものだと変に感心してしまいました。



帰りもホテルまで送って頂けるとのことで、車が来るまで時間があったのでレセプションでセラピストの方々とあれこれ雑談していたのですが、皆本当にフレンドリーで直ぐに友達のような感覚になります

あそこのレストランが美味しい、あそこは夕方から渋滞が酷いから行くなら遅い時間がお勧めなど色々な地元情報をくれたり、日本についてあれこれ質問をしてくれたりと話が盛り上がりあっという間に時間が過ぎてしまいました。



ここのお店は、短期の旅行者でも2度、3度と来店するリピーターも多いと伺っていたですが、そのマッサージのスキルが高い事は当然でうすが、テラピストさん達の人の良さがとても心地良くまた来たいなと思わせるそんな魅力のお店でもあります。



女性はもちろん、男性1人でもリラックスできるお店です。



学生さんも勉強で疲れた体を頭をリラックスさせるのに最高の場所ですよ!





★ファウンテン アロマ マッサージ( Fountain Aroma Massage & Salon)

住所:Marigondon Crossing, Lapu-Lapu City

電話:0905-353-9569(まりこさんの携帯)

Email:andalestiffa@hotmail.com(日本語対応)


 




フィリピン留学サイトはこちら!

http://www.philippine-ryugaku.com/


 

  

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 10:34Comments(0)格安セブ島珍道中

2012年02月10日

格安セブ島珍道中!第二弾 その③

セブ到着翌日12月25日(日曜)クリスマス。



フィリピンでは国民の大半はクリスチャンなので、とても大事な日となり多くのお店がお休みになります。



しかし、セブに到着したら直ぐにでも行きたい場所がありました。そこは・・・・



歯医者です。



実は2~3週間程前から奥歯がシクシク痛い時がありました。私の持っている保険は歯医者には適用されず1回行けば$150は下らなく、その他ちょこちょこ治療すれば直ぐに$200、$250という話になってしまいます。



そこで、暫く我慢して、去年お世話になった日本語が通じる歯医者ドコール歯科医院( Docor Dental Clinic )に行こうと計画していました。

去年の様子はこちら。



メールで予約を入れたのですが、年末であったために中々日程が合わずギリギリで25日の午前10時ならばということに。



クリスチャンの国でクリスマスに対応してくれるとのことで驚きました。細かい対応をしてくれる親切な歯医者さんという事で地元でも有名な理由がよく分かります。恐らくクリスマスでも歯の治療を望む患者さんが多いのでしょう。早速では25日の10時にお願いしますとメールを返信しておきました。



当日は早めに向かうことにしました。



ドコール歯科医院ははミラー病院という少し大きな病院内にあり、セブシティーのSMモールからタクシーで10-15分程度120ペソ(約240円)の距離にあり、ミラー病院は有名な病院なようでタクシーでミラー病院までといえば直ぐに分かりますので便利です。



20分程まえに病院に到着したのですが、クリスマスということで殆ど人がいない。そして、医院の前についたら・・・・



真っ暗・・・・廊下も真っ暗・・・



ちょっと早く来すぎてしまったかなと思い、近くにあった椅子に座って待っていたのですが、10時になっても来ない・・・・

たまに患者さんや他の病院スタッフが近くを通るのですが「この人は一体何をしているんだろう?今日は歯医者は休みでしょうに。。。」という怪訝そうな顔をしてきます。



あれ?確か25日の午前10時だったはず。でも、よくよく考えたらクリスマス・日曜日、こんな日に診察してくれるのだろうか?メールの見間違いで26日だったのかな。と段々心配になってきました。



10分経っても来ない、20分経っても来ない、そして、30分が経ちました。



やはり日にちを間違えてしまったのかもしれない。残念だけど仕方ない。ということで、日にちを間違えて来てしまいました。お会いできなくて残念ですという置手紙を書いてドアに挟み、帰路に着き、ミラー病院の外に出ようする時に



「TOMO~!!!!」



という大きな声が



はっ!とみると、そこに1年ぶりのJunjieさんand Debbieさんご夫妻が!



「ごめんなさ~い!Tomoからメールを見たのが今日の朝だったのよ。忙しいと言っていたからまさかクリスマスの日に来てくれるとは思わなくて、朝メール見たら今日来るっていうから、そら行けー!ってすっとんできたのよー!」



とのこと。

なんと、わざわざ大事なクリスマスの日に私の為だけに来てくれたようだ。申し訳ない気持ちと嬉しい気持ちで一杯。



奥さんのDebbieさんが準備をしている間に旦那さんのJunjieさんと話してたのですが、最近はセブにも日本人の学生さんが増えてきて日本人の患者さんもちらほら目立つようになってきたとのこと。



奥さんのDebbieさんは岡山大学の大学院で博士号も取得しておりその技術は高くフィリピン代表としてアメリカの学会にも出席する程の腕前なので安心ですし、何より日本語が通じるというのが日本人の学生さんにも嬉しいところ。フィリピンで歯医者?と訊くと「大丈夫?」と言われてしまうことが多いですが、ここのクリニックは安心して任せる事ができます。私が2年連続体験しているので間違いありません(笑)



そして、早速治療の準備ができ、治療開始!

 

まず、患部を治してもらい、他のところもチェックしてもらうと2箇所小さな虫歯がありました。そして、折角なので歯石除去も依頼しました。

丁寧に治療をしてもらい、歯の間を歯間ブラシで綺麗にしてもらいました。



ポイントポイントで丁寧に歯の状態を説明してくれます。

 

Debbieさん曰く、歯間ブラシはサイズがあって小さいサイズがお勧め。フィリピンではこのサイズは殆ど手に入らず。日本から購入しているとのこと。虫歯を予防するには歯間ブラシは非常に有効だから、是非今後は使うようにしてください。また、奥歯のここが歯ブラシの際にうまく磨けていないようなので、夜は時間をかけて磨いてくださいね。とアドバイスをもらいました。



丁寧に治療してもらいました。歯もスッキリ!



さあ、最後にお会計。わざわざクリスマスの日に私の為だけに来てくれたとのことで、保険も無いことで一体いくらなんだろうと思っていたら



「今日は、クリスマスだから、クリスマス特別プライスで1,000ぺソ(約2,000円)でいいですよ。」とのこと。



いやいやいや、それは申し訳なさ過ぎます。安すぎますよ!ちゃんと払いますよ!と言っても「大丈夫、大丈夫。1年ぶりに来てくれたんだから。それに内は他の歯医者さんよりいつも安いのよ」と笑顔でそれ以上受け取ろうとしません。日本でもこんな経験はあんまりありません。

本当に優しい方々です。



そして、その後も色々話していたら「そうだ、これからランチに一緒に行きましょう!」となんとランチのお誘い。



今日はクリスマスだから、お気に入りのホテルのビュッフェにいきましょう。



とのこと。



えええええ!もう、診察費を安くしてもらった上に昨年に続きランチまでご招待していただくという凄い展開に。



その後車でホテルに向かいました。大きなホテルでクリスマスということもあり沢山の家族連れで賑わっていました。



流石はホテルのビュッフェ、色々な美味しそうな料理が並びます。

 



レチョンと呼ばれるフィリピンの高級ご馳走料理の豚の丸焼きもあります。



どれも美味しいので、ついつい食べ過ぎてしまいました。



お腹一杯になった後に旦那さんから「ハロハロも奥にあるよ。美味しいよ。やっぱりフィリピンにきたらハロハロを食べないと」という悪魔の囁きが(笑)前回ハロハロの美味しさを教えてくれたのも旦那さんでした。



 

これは食べない手はありません!



あーこれが本当に美味しい。ハロハロは別腹であることが分かりました(笑)



いやいや、素敵な豪華ランチでいい思い出になりました。

 

その後、何と滞在するホテルまで車で送って頂きました。



今年もこんな忙しい時期に来た私に嫌な顔一つせず丁寧に対応してくれた上にホテルのビュッフェまでご馳走して頂いてしまいました。



本当にホスピタリティー溢れる優しい方々です。



予想外に素晴らしいクリスマスになりました。

セブで虫歯治療なら安心のドコール歯科医院に決まりです!予約から診察まで日本語でOKです!





★ドコール歯科医院(Docor Dental Clinic)

住所:Miller Hospital 400 Tres de Abril St. Cebu City 6000

電話:(032) 238-8012 or (032)261-6082 (日本語可)

E-mail: rodivickdocor@yahoo.com(日本語可)

カード:VisaとMaster

治療時間:日~金8:30~17:00(17:00~21:00は要予約)




フィリピン留学サイトはこちら!

http://www.philippine-ryugaku.com/

  

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 09:56Comments(0)格安セブ島珍道中

2012年02月07日

格安セブ島珍道中!第二弾 その②

そんなこんなはありましたが、無事にマニラに到着!写真はマニラ空港ターミナル1の到着ロビー

 

マニラはやはりクリスマスも暑い!Tシャツ1枚の本領発揮です(笑)



中国を経由したせいもあり、フィリピンにきたという実感がわき心躍ります。



しかし、このマニラ空港が少し曲者です。



というのはマニラターミナルが1.2.3と分かれており、セブに行くのによく使われるセブパシフィックはターミナル3なので、多くの場合ターミナル1からターミナル3に移動しないといけません。



しかし、この移動が少し面倒なのです。



というのも移動は通常空港シャトルバスかタクシーになるのですが、どちらにしてもターミナル間は一般道にでないといけなく渋滞が多いマニラではかなり時間がかかるということがあるからです。



マニラでターミナル1からターミナル3に移動される方は最低でも2時間は時間に余裕を持たせた方が良いと思います。

セブパシフィックは出発45分前ぴったりにチェックインを締め切りますので注意が必要です。



到着ロビーを出ると、右に曲がるとシャトルバス、左に曲がるとメータータクシー乗り場になります。

シャトルバスは無料で(帰りは20ペソ)で15分間隔で出てるようです(ただあまり時間には正確ではないようです)。



去年はシャトルバス使ったのですが、シャトルバスといっても普通のバンなので本当にこれがシャトルバスなのかと結構不安でした(汗)

しかし、今年は窓にシャトルバスの張り紙があったので安心です(笑)(後ろの窓に薄っすら張り紙が見えます。)



ですが、学生さんは夜中に到着するパターンもあるのでそうなるとシャトルバスはきちんと来るのかどうか不安がありますので、メータータクシーでの移動に挑戦しました。



到着ロビーには「タクシー、タクシー」と言って勧誘してくるおっちゃんがいますが、これらは殆どが白タクなので、料金トラブルが多いようなので無視して、ロビーを出て右に曲がった所にあるメータータクシー乗り場で乗りましょう



このメータータクシーは黄色い車体に番号が書いてあり、乗る前にカウンタースタッフにどこまで行きたいかを告げると行き先と番号の書いた紙をくれます。それをドライバーに渡すと連れて行ってくれます。このメータータクシーはきちんと登録されているのでボッタり、遠回りなどはしないようで安心できます(大きな荷物などは親切に出し入れしてくれるのでチップは渡してもいいですね)。

 

タクシーに乗って「ターミナル3お願いします。」というと



ターミナル3なら、そこから無料のシャトルバスが出ているよ。無料だし、そちらに乗ったほうが良いと思うよ。ほら、ここだよ。

と親切にシャトルバス乗り場で一旦とまってくれました。



今回はタクシーに乗るのが目的だったので「タクシーで行きたいんですよ。」と告げると「そうか。じゃあ、行きましょう(笑)」と笑顔で車を進めてくれた。ドライバーさんは昔の上司が日本人だったようで、片言の日本語を話し、日本には行った事がないけどいつかは行ってみたいなどと非常に親日家で、僕がセブに行くと言ったら今度はマニラに来てくれマニラも良い場所なんだ。次回はマニラを案内するよ。と話が盛り上がりました。フィリピンの人たちのこの人懐っこさがとても好きです。



そうこうしている内にターミナル3につきました。

 

料金は330ペソ(約660円)とセブと比べると高め。ガイドブックなどによると大体700円前後というのでこれが妥当なようです。



ターミナル3は格安航空会社セブパシフィックのほぼ専用ターミナルですが、とてもキレイで快適です。



構内は明るくキレイなので、夜中に到着される方はここで時間を潰すことをお勧めします。

 

 

先ほども書きましたがセブパシフィックはチェックインは出発45分ぴったりに打ち切られるので、並んでいて時間が近づくと「この便の人はいませんか?」とスタッフの方がパスポートを回収しに来てくれます。システム上1分であっても遅れた場合は乗れないようです。

かなり厳しいルールですが、チケットが驚くほど安いので使わない手はありません。



マニラからセブの1時間のフライトも片道2,500円程度で、セールなどがあると1,500円位でいける場合もあります。日本からだと関空から飛んでおり関空→マニラが片道15,000円を切る事もあります!



そして、いざ飛行機に搭乗。



格安航空会社なので水なども全部買わなくてはいけませんが、座席などは特に狭いなどということはなく全く問題ありません。



無事にセブに到着です!



 

 

ぴったり1年ぶりのセブ、懐かしい記憶が蘇ります。



到着ロビーで荷物をピックアップして、ホテルに向かいました。そして到着後は移動で疲れてしまったのでそのまま寝ることにしました。


フィリピン留学のサイトはこちら!


http://www.philippine-ryugaku.com/

 

  

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 09:17Comments(0)格安セブ島珍道中

2012年01月25日

格安セブ島珍道中!第二弾 その①

こんにちは。



MTSC留学センターの石原智之です。



2011年はフィリピン留学元年と言っても過言ではない年でした。2010年にフィリピン留学をした日本人の数は約2,200人でしたが、2011年はその数約10,000人と5倍に増えました!フィリピン政府観光省では2012年は20,000人になるのではないかと予想をしています。



またNHK、朝日新聞、産経新聞、アエラ、R25など各種マスコミでも特集が組まれその注目度の高さが目立ちました。



最近では、オーストラリアを始め欧米留学・ワーホリ前にフィリピン留学で英語を学ぶ2ヶ国留学をする人が急増。私もフィリピン留学のご相談を受ける事が格段に増えました。前よりも更に細かいご相談などを受けることが増えました。



そこで!!



今年もフィリピンはセブ島へ行ってきました!



えっ?単にセブ島に行きたかっただけじゃないかって?



そういう意見があちこちから聞こえますが、そこは聞かないフリをして、あくまでも現地レポートの為に行く事にしたのです。とあくまでも主張します(笑)



まずは、航空会社選び。



去年は、マレーシア航空+セブパシフィック航空を使って19時間という長時間フライトで疲れたので、今年は16時間フライトで済む(これも長いが・・・)色々な意味で興味深い「中国南方航空」+セブパシフィック空港をチョイス。



ルートは

メルボルン→GUANGZHOU (中国・廣州)→マニラ→セブ



地図を見ると分かるのですが、明らかにメルボルンから廣州へ行く途中フィリピンを通過します・・・・・バスの「降りますボタン」を押したくなります。

しかし、そんな事は気にしません!



いざセブへ!!



まずは、メルボルン国際空港から廣州を目指します。



クリスマスシーズン、メルボルンは夏でセブは常夏なのでTシャツ、短パンで行けてしまいます。

今年も真夏のセブのクリスマス楽しみ!



そんな事を思いつつ周りをみると、メルボルンにも多くの中国人がいることもあり、乗客の95%は中国系の方々です。ここまで多くの中国人に囲まれる事も無いなあと思ってみたり。



中国の航空会社、色々な摩訶不思議な噂は耳にするのでどんな感じなんだろうとちょっと期待をしていました。



しかし、それを実感するチャンスは直ぐにきました。



機内に乗る際に新聞を手に取ろうと思ったら機内で配布される新聞、雑誌は中国語オンリー!



座席前ポケットにある雑誌も中国語オンリー



国際線なのに、この中国一本押し。



しかし、そこは普段漢字も使っている日本人、何とか少しは理解できるのではないかと読解を試みるも3分でギブアップ・・・・



仕方ないのでセブへの期待に期待を膨らませて寝ることに。。。



しばらくすると、誰かが話しかけてくる声で目が覚めました。

目を開けるとキャビンアテンダントの方が



「○△※▲#×(中国語)」



と話しかけてきたので、英語で



「すいません。私は日本人です。英語でお願いできますか。」



というと、どうやらおしぼりは如何ですか?ということだったらしい。



まあ、乗客の95%は中国人なので私も中国人に思えたのだろう。この飛行機に日本人は果たして何人乗っているのかな?などと思ったりしていました。



しかし、それから廣州までの長時間フライとの間に飲物、食事など5.6回は同じキャビンアテンダントの方に声をかけられたのですが、毎回中国語・・・その都度「英語でお願いします」と言ってはいたのですが・・・・



私がどうしても中国人に見えてしょうがないのか、毎回中国語で話しかけたらこの人は中国が分かるようになるかもと思ったのか。。。



私が乗った中国南方航空の機体は古い機体を使っているようで、個人の座席にモニターは無く天井からモニターが出てくるタイプ。

たまたま私の一番近いモニターが真横にあった為に、確認できるのが結構遠いモニターで視力の良くない私には字などは殆ど読めず、機内で何度か紹介された廣州の紹介VTRやストレッチ講習を中国語で観ることになり、理解できたのはストレッチ講習の1.2.3.4というカウントのみ・・・・



うーん、中国南方航空を満喫するには中国語のスキルが必要だということがわかりました。



しかし、私にはセブが待っています。はやる気持ちを抑えつつ、廣州へ到着を待ちます。



そして、間もなく到着!



よし!中国は香港・マカオ以外行ったことがなかったので、本土は初めてだなあと思って、一歩機体をでたら





さっさっ寒い!!!



クリスマスシーズン。メルボルンは真夏、セブは常夏。廣州は香港の近くの都市なので、冬でも暖かいと思い、荷物を減らす為にTシャツ1枚で意気揚々と来てしまいました。。。



猛烈に寒い・・・・



ここに来て「廣州の冬は寒い」ということを学びました。

後日天津出身の方に「廣州の冬は寒いのは当たり前」と言われてしまいましたが、どうやら常識だったようです。。。



いきなりの自然の脅威にさらされて志半ばで心が折れそうでしたが、そこはテンションを上げて初メインランドに上陸したという事を楽しもうと空港内へ。



去年はマレーシア空港では日本語表示の看板も結構ありましたが、当然ここにはありません。







しかし、空港内はキレイで初めて聞く空港でしたが広々としていました。







その後どんどん進んでいくとなんと入管のような場所にでました。なんとここでは乗り継ぎであっても入管(正確には違うのかもしれませんが)があり、パスポートにはスタンプが押されます。今まで色々なところでトランジットをしましたが、このシステムは初めてでした。



そして、次の乗継ぎゲートまで行く途中いくつかお店が並んでいましたが、流石は中国、可愛いパンダのぬいぐるみがたくさん売られています。中国を感じる瞬間です。







乗継ぎゲートまで来ましたが、まだ2時間はあります。



相当寒いです。。。周りをみると皆コートを着ています。空港職員人などマフラーまでして完全防寒。



アジア人でTシャツでいるのは僕位なものでしょう。オージーは真冬でもTシャツの人が結構います(笑)



あまりに寒いので、売店で暖かいお茶でも買うことにしました。売店に行ってお茶を買おうと思いレジに持っていってVISAカードを出すと。



「○△※▲#×(中国語)」



と、また中国語で何かを言ってくる。



すいません、英語でお願いできますか?



と言うと、それにも中国語が返ってくる・・・・



なんと国際空港の売店なのに英語が通じない・・・・

他の店員さん達もやってきて、後ろで小さいな会議が開かれた。。。



おそらく、「あの人は中国語が通じない。中国人みたいな顔しているのに。本当にわからないのかな」

などと言っているのではないかと思われます。



そして、そのうちの1人が、片言の英語で「このカードは使えない」と。



えっ?だって、後ろにVISAカードのマークがありますよ指を指すと、



しきりに「100、100」と英語で言ってくる



ん?100?ああ、カード手数料かな。それなら良いですよ、とって下さいと言うと、これまた違う違うというジャスチャー。



そこで詳しく訊いてみると、どうやら最低100元(約1300円)買わないとカードは使えないということらしい。



えっ!?ここは国際空港で、トランジットの人は普通元なんて持ってないですよね。。。。



しょうがないなあ、じゃあ両替所はこの辺りにありますか?と訊くと「無い」という!!!



なんとおおおおお!!!



何たること!恐るべし廣州空港。



お茶が買えない・・・・悲しい。。。。。



諦めてお店を出ました。相変わらず寒いことこの上ない。。。。



空港内をウロウロしていたら「Free Wifi」の文字を発見!



これだ!幸いiPhoneは持ってきて。これでネットをやって時間を潰せば直ぐに1.2時間なんて過ぎてしまう。

最近チャックしてなかった日本のニュースでもたくさん読もうかねえ。と思って接続しようとすると、登録ページが出てきた。



が、



全部中国語!!!!



でたああああああああ!!



全くわからない。。。。。中国ができない事がこれほど悔やまれた事はありません。



しかし、ここは国際空港、外国人もたくさん利用するのだ、英語のページがない訳がない。と思い探すと右上に「Egnlish」の文字が!



これだあ!!



と早速押したが、全く反応がない。



あれ?ピンチして文字を大きくして押しても全く反応がない。というかリンクが貼られていない!!



何たること!Englshページは存在すらしていないようだ。。。



心が折れる瞬間・・・・



暖かいお茶もネットも駄目。。。



仕方ない、でもあと1時間もすれば飛行機が来る。それに乗ってしまえば後は常夏フィリピン。



とにかく時間が早く過ぎてくれる事を祈りつつ、待つこと1時間。



そろそろか!?と思った瞬間。



「機内整備の遅れにより1時間遅れます」のアナウンスが無常に響く・・・・





目指す憧れのフィリピンは思いの外遠い・・・


★フィリピン留学についてはこちら!


http://www.philippine-ryugaku.com/




 

  

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 16:54Comments(2)格安セブ島珍道中

2011年01月31日

格安セブ島珍道中!その⑨ -隠れ家的リゾート編-(最終回)

メルボルン今日も朝からいい天気です!

旅行後半年越しはちょっとマニアックな所に行ってみたい!という友達のリクエストがあったので、セブシティーから車で約1時間北上したところにあるDanaoという街にある「SUNSHINE SHIN BEACH RESORT」という日本人オーナーの隠れ家的なリゾートアコモデーションがある聞きつけて早速行ってきました!



リゾートと言ってもローカルに向けに作られた所で、1泊1部屋2000ペソ(約4000円)なので2人で利用すれば1人1000円と激安!



★SUNSHINE SHIN BEACH RESORTのWebsiteはこちら

http://tomesunshine.com/jp






前半は男ばかりの旅行でしたが、後半は急遽学校の女性スタッフと一人で短期留学をしていた女子高生も参加しての珍道中!



Danaoは有名観光地ではないのでタクシーでは行くのは難しくハイヤーをチャーターして向かいます。因みにDanaoにはタクシー会社はなく市内は自転車やバイクタクシーでの移動になります。



途中、大通りを外れてかなり狭い道に入るので「おいおい、どこに行くんだ?」といった感じですが、突如そのリゾートは姿を現します!



 



敷地内は南国を代表するヤシの木や熱帯植物が沢山植わっており、将に気分はTHE南国!







大きなプールもやジャグジーも完備されています!

こちらのプールはセブでは珍しく、水質が非常によく殆どケミカルを使うことないようです。早朝には小鳥が水を飲みにくる程綺麗な水質なんだとか。夜はライトアップされるのでムーディーな雰囲気が味わえます。



 





こちらの売りはビーチフロントのレストラン!波の音を聞きながらのんびり食事ができます。贅沢な時間です。

僕達も部屋がバラバラだったので、殆どこのレストランでのんびり過ごしていました。



 



また、敷地内には何箇所かハンモックが設置されています。これが本当に気持ちよくて波の音に癒されながら昼寝もきちゃいます!

将に南国リゾートの醍醐味ですね!ハンモック最高です!





また、この近くには「St.Thomas de Villava Church」という大きな教会と「ガイサノ市場」というローカル市場があるというので観光にでかけてみました。



上にも書きましたが、この街にはタクシーはないのでバイクタクシーで向かうことになります。

これは屋根付きサイドーカーのような形をしています。たまたま止まったバイクタクシーは子供を3人乗せながらの営業でした(笑)

でもこれに全員乗れるの?と思ったのですが、問題ないということで、いざ乗車!



バイクもそう大きくないものですが、大人5人+ドライバー+ドライバーの子供3人と将にすし詰めででしたがちゃんと動きました!いやあ凄い!こんな乗り方ができるのもセブならですね(笑)宿から市場まではこのバイクタクシーで約10分弱。費用は交渉でしたが、50ペソ(約100円)と激安!



 



ドライバーの息子さんと娘さん。ちょっとシャイなお子さん達ですが良い笑顔を見せてくれます。セブの人たちは本当に凄く明るく良い笑顔を見せてくれるのがとても印象的でした。



 



まずは、セントトマス教会に到着。

フィリピンにはマゼランが到着して以来キリスト教が広く受け入れられ国民の約9割はキリスト教徒になっています。

この教会は約250年前に建てられた歴史ある教会でセブ島北部エリアの信仰の象徴して島民の心のより所になっています。毎週日曜に行われるサンデーミサには多くの市民が集まり大変な賑わいをみせるとか。この日も信者の方が沢山お祈りを捧げていました。



 



教会は綺麗な海に面していて南国の雰囲気をもつ教会です。映画のワンシーンのような教会内から見える景色はとても印象的な光景です。



 



続いて教会から徒歩10分程の場所にあるガイサノ市場へ!









この日は大晦日で、今夜のパーティーの食材を買いに来るお客さんでごった返してました!東京のアメ横の大晦日を思い出しました(笑)

ここは、日本人どころか外国人も僕達しかいないのでは?という勢いのローカル市場(笑)こういう雰囲気はアジアを強く感じられるスポットで僕は大好きです!因みに写真に写っているのは自転車タクシーです。市内には沢山の自転車タクシーが走っています。料金は完全に交渉になるようですね。市民の足として広く普及しています。







将に市民の台所!といった感じのTHEアジアの市場です!その活気は凄まじく僕達のテンションも上がります!



 



 



 



突然、豚を抱えたおじさんが登場!そして、大きな台の上で解体し始め、手馴れた手つきで各部位に分けていきます。築地でマグロの解体ショーは見たことがありますが、豚の解体ショーは初めてです。そのダイナミックさにビックリ!



 



市場を見て回ると、おいしそうなビンチョウマグロを発見!今日は夜はビーチが見える所でBBQをやろうということで、

本日の目玉はこのビンチョウマグロに決定!値段も交渉して安くしてもらい、ご満悦!







その他チキンやシーフード買いました。



市場の近くに人だかりができているゾーンがあったので、行ってみるとお正月を祝う、爆竹と花火が売られていました。メルボルンでもチャイニーズニューイヤーの際は大量の爆竹が鳴らされますが、ここセブでも正月には爆竹が欠かせないようです。







宿についてしばらくのんびりしていると日も暮れて、ホテルのスタッフに手伝ってもらいBBQ開始!

なんとも豪快でしょ!こんな豪快&豪華なBBQは生まれて初めてです(笑)

 



ビールなど飲みながら待つ事1時間ほど。ついにビンチョウマグロBBQ出来上がり!凄い迫力!







その後、こちらのリゾートのオーナーの新留さんも交えての談 笑も盛り上がりました。新留さんはもともと建設省(現・国土交通省)の役人をしていたようなのですが、55歳の時に奥さんがセブの方ということもあり、早 期退職してこのリゾートを始めたという変わった経歴の持ち主。軽快な話口調で次から次へと面白い話が飛び出します。

そんな新留さんも奥さんも全くホテルなどの経営などやったことがなく、最初は全くの手探り状態。当然最初は苦労の連続だったようです。そのあたりの話は文化の違いなども学ぶことができる興味深い話でした。僕も海外で暮らしているということもあり、海外で頑張っている日本人の方の話はとても参考になりますね。ちなみに奥さんもかなり日本語ができるとのこと。







さあ、そろそろ年越しカウントダウンです!近所でも年越しを祝う、爆竹やロケット花火がなり始めました。



僕達もプールに移動して空を見上げると、とっても綺麗な星空!2010年の最後をこんな楽しく迎えられるとは思いませんでした。

来年もまたこんな楽しい年越しができるように!





その後は、友達とプールに入ってユラユラしながらのんびりと新年を満喫!お正月をリゾートプールで迎えるなんて贅沢!







そして、元旦の朝。皆でレストランに集まり朝食を。いやあこんな南国のお正月も乙なものですね!







僕は仕事の為に残念ながら元旦にメルボルンに向かうため、皆より一足先にセブを発つ事に。

いやあ、本当にまだまだセブにいたかったです。後ろ髪を引かれる思いでセブ空港へ向かいました。



帰りもマニラ空港を経由して、メルボルンへ。





今回のセブ旅行では、本当に沢山の経験ができました。

セブの魅力は、その物価の安さ+その安さに反比例するかのようなハイクォリティーのサービス!

そして何よりも底抜けに明るいセブの人々。

すっかりセブに魅せられてしまいました。



セブはまだまだ日本人にはあまり馴染みがない留学地ですが、全体の留学者数が減る中その人気は徐々に増しています。

その理由は、ただ安いだけなくその満足度が非常に高いという事にあります。オーストラリアにもセブ留学を経て来ている学生さんも沢山います。「セブ留学は本当に良かったよ!」という話が口コミで広がり初めています。



日本からはわずか4時間のフライト、時差も1時間と気軽に行くことができます。

費用を抑えて、でもしっかり勉強したいと言う要望の方は多いかと思います。そんな方は是非セブ留学をお勧め致します!



そんなセブ留学説明会開催決定!



日時:2011年2月4日(金)

時間:午後3時から

場所:MTSC留学センター

※定員がございますので予約制とさせて頂きます。

参加ご希望の方はお気軽にご連絡下さい。



E-mail:info@mtsc.com.au

TELL:039663-8893






MTSCオフィス地図はこちら

http://www.mtsc.com.au/files/assets/melbourne-city-map.pdf



★セブで格安で上質な環境で英語力が伸ばせるます!

セブ留学の詳細はこちら!

http://www.philippine-ryugaku.com/



メルボルンで最も歴史ある日系無料留学エージェントMTSC留学センター
http://www.mtsc.com.au/

メルボルンの情報はメルボルンの達人で!!
http://www.melbourne-tatsujin.com/

メルボルンオプショナルツアー、便利、安心、お得の「AAOトラベル」!
http://www.aaozt.com/optour/melbourne/opindex.html   

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 05:04Comments(4)格安セブ島珍道中

2011年01月28日

格安セブ島珍道中!その⑧-超格安&上質留学編-

メルボルン今朝の天気は晴れ!

セブ島学校訪問第3弾!



この日は「English Fella」という1500坪という広大な敷地の中にキャンパス・寮を持ち、プール、スポーツジム、カフェテリア、バスケットコート、バトミントンコートなどのスポーツ設備や図書館、ネットカフェ、カフェテリア、ジャグジー、売店と言った設備も充実している、リゾート施設がそのままキャンパスになったセブの超人気校にお邪魔しました。



キャンパスはセブシティーから車で約20分の場所にあるTalambanという街にあります。



この日は日本人スタッフの方ホリデーかつ年末なので授業もお休みということで韓国人スタッフのTonyさんに館内を案内してもらいました。



Tonyさんは4年間程海外生活されており、マニラでも仕事をしていたとの事ですがセブが非常に良いという話を聞いてセブにやって来て、セブの魅力に取り付かれそのまま住み着いてしまったというセブ愛好家(?)です。



「日本人スタッフがお休みの時は私が日本人の学生さんのサポートをしますのでいつでもお気軽に相談してくださいね。最近は日本人の学生さんも増えてきたので嬉しいですね。」と笑顔で話してくれました。







とても物腰柔らかい感じの人なので、朝から晩まで相談にくる学生さんが多いようでです。

学校は全寮制なので、まさに24時間体制でスタッフのサポートがあります。お子様留学からシニア留学まで受け入れを行っているので、ホームシックになって しまった、体の調子が悪いなど授業とは別の生活面での相談も少なくなく、こういう相談も気軽にできるのはとても安心ですよね。



まずは、クラシックキャンパスから見学させてもらいました。

Engish Fellaの特徴はそのコースの充実度にもあります。このクラシックキャンパスでは



①一般英語

②ビジネス英語

③TOEIC対策

④進学英語

⑤IELTS対策

⑥TOEFL対策

⑦キッズ英語

⑧保護者用英語



の8つのコースが開講されております。もちろん、全てマンツーマンの授業をたーぷリ組み込んだ充実のコースです!



先生の採用条件も厳しく、採用試験は5次試験までありその狭き門を突破して先生になってからも、ヘッドティーチャーとの勉強会や抜き打ち授業チェックなどがあり常にハイパフォーマンスをキープできるように管理しているとのことで先生の質も自信ありますよ!とTonyさん。



実際にこちらの学校を卒業した後に、オーストラリアやアメリカ、カナダ、UKなどの大学などに進学する人も多く、語学は安く、集中的に勉強できるセブで習得し、大学は希望する国でというプランを立てる方も増えてきています。



まず、キャンパスに入ると目を引くのは、キャンパス中心部にある大きなプールと綺麗な学生寮

将にリゾート!といった感じ満載のキャンパスです。もちろん、プールは自由に使えますので放課後などには学生さん達がプールで遊んでいる姿もよく見られます。



この日は天候が曇りでしたが、カラッと晴れた日なんかはTHEリゾート!という光景が広がること間違いなし!





 



プールサイドには南国風ベンチがあり、リゾート雰囲気満点です。夕方からはここでのんびりする学生さんたちの姿が目立ちます。

夕方まではしっかり勉強、放課後はのんびりプールで泳いだりプールサイドで友達とおしゃべりしたりとセブのゆっくり流れる時間を満喫できます!









キャンパスの突き当りが校舎になっているので通学は徒歩30秒と非常に便利です

キャンパス全体が南国風のデザインで統一されているので、南国のウキウキな気分で勉強も楽しめそうです(笑)









こちらはスポーツジム。勉強で溜まったストレスはプールとジムで解消!韓国人の学生さんはスポーツが大好きな方多いので、一緒に体を鍛えたり、ダイエットも気軽に(?)できること間違いなし!







そして、僕の友達が冬休みを利用して短期でEnglish Fellaのビジネス英語コースを受講しました。







早速感想を聞いてみると



「到着は飛行機が遅れてしまったけど、ちゃんとスタッフの人が空港で待っていてくれて安心だったよ。先生は本当に良くて来るまではやっぱり‘セブで英語?‘という疑問も少しあったんだけど、先生はとても流暢な英語を話すし、発音も綺麗。そしてマンツーマンの授業が多いので分かるまで丁寧にやさしく教えてくれるから、逆にちょっとびっくりしたよ。特にマイナスな部分はないけど、あえて言えば先生は優しいのでこちらが完璧な英語でなくても理解してくれちゃうので、もうちょっと厳しく指摘してくれてもいいかなと。ただ、文法の先生は本当に細かく間違いを指摘をしてくれるので僕としては嬉しいな。

寮は1人部屋に宿泊しているけど、広さも十分で全然問題はなく快適に過ごしているよ。キャンパスと寮が隣なので、お昼後の休み時間は少し自分の部屋で昼寝 などもできるのが良いな。学校には韓国人が多いけど皆とてもフレンドリーでこれもびっくりしたな。食堂で食事をしていたら絶対に誰かが話しかけてきてくれ るし。もっと日本人も増えたら良いなと思うよ。」

と、ご満足頂いた様子。



English Fellaはとても評判が良い学校ですが、彼とは高校時代からの10年来の付き合いなので紹介した手前、もし満足いかないと言われたらどうしようかと一抹の不安はあったのですが、満足という言葉をもらって安心しました。



やっぱりセブ留学は満足度が高いなと改めて実感しました。



その後スパルタキャンパスに移動しました。







こちらは、朝から晩まで長時間授業(1日10時間)が行われているキャンパスになります。

広々としたキャンパスに沢山の寮のビルディングがありました。Tonyさん曰く韓国人の学生はストイックな学生さんが多いので、スパルタキャンパスはとて も人気があるんですよ。特に20代前半~中盤の学生さんはやっぱり遊びたいと思ってしまうので、親があなたはスパルタキャンパスに行きなさい!と指定され てしまうことも少ないとか。

ちなみにスパルタキャンパスは平日は外出禁止で、金曜日の試験をクリアできないと土日も外出許可が出ずエクストラの宿題をやらないといけないいうのだから、将にスパルタですね。しかし、もちろん先生やスタッフはとても気さくでやさしいですよ!



ここで勉強すれば嫌でも英語力が伸びる!という話が口コミで広まっており、数あるセブの学校でもその人気はTOP3に入ると言われています。したがって、常に満室状態になってしまっているので、現在空きスペースに新しい寮を建設中とのことでした。



全寮制で、周りの友達皆長時間勉強しているのでお互いが刺激し合う事ができるので、長時間勉強もそれほど苦痛には感じないそうです。確かに、周りが遊んでいると誘惑に負けてしまう人も、周りの人が全員勉強している環境ならサボろうという気持ちはなくなりますよね。



もちろん、スパルタキャンパスにも大きなプールもあります!

朝から晩まで英語漬けになるので、若い学生さんの中には溜まったストレス発散の為にガッツリ泳ぐ人も少なくないとか(笑)



 



スポーツジムやバトミントンコートも設置されている体育館もあります。

セブは料理が安くてめちゃくちゃ美味しいレストランも沢山あるので、ついつい食べ過ぎてしまうのですが、これだけ運動設備が充実していると沢山食べてもしっかり絞れそうですね!



 



最後にTonyさんに日本人の学生さんにメッセージをお願いしました。



「English Fellaには日本人の学生さんは3-5%程度しか居ないので、24時間英語漬けになることもできます。 先生の質も絶対の自信がありますし、ここで学んだ学生さんは皆英語力が飛躍的に伸びています。料金も欧米留学と比べて格安ですが、設備も充実していますの で、本当にお勧めです。日本にはまだフィリピンで留学というのがマイナーなようですが、韓国ではもう当然のレベルになっているのでその実績も証明済みで す。是非セブに来てください。生活のサポート体制なども日本人スタッフをはじめ私達スタッフが完全サポートしますので安心して勉強に集中できます。一度来 ていただければ絶対に気に入ってもらえると思います。是非セブで英語力を伸ばしてください!」



僕もこの旅行で3校見学させてもらいましたが、セブに約100校あるという学校の中でTOPの人気を誇る学校だけあって、そのクォリティーはどこも想像以上でした。欧米ではなかなか受けることができないマンツーマン授業、超少人数制授業、長時間授業を格安で受ける事ができ、放課後ライフも超格安で満喫できるリゾート地、それがセブです。



セブ留学は全寮制となっているのでお部屋の確保が重要なポイントになります。数ヶ月先までお部屋が一杯という事も多いので、

ご希望の方はお早めにご相談ください!



★嫌でも伸びるフィリピン留学EnlishFellaの詳細や料金表などはこちら!

http://www.philippine-ryugaku.com/




メルボルンで最も歴史ある日系無料留学エージェントMTSC留学センター
http://www.mtsc.com.au/

メルボルンの情報はメルボルンの達人で!!
http://www.melbourne-tatsujin.com/

メルボルンオプショナルツアー、便利、安心、お得の「AAOトラベル」!
http://www.aaozt.com/optour/melbourne/opindex.html   

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 05:14Comments(4)格安セブ島珍道中

2011年01月27日

格安セブ島珍道中!その⑦ -格安だから出来る贅沢編-

今朝も気持ち良い天気になっています!

セブの物価はとにかく安いです。一部家電や車は日本とあまり変わらないようなものもありますが、スーパーマーケットの商品は日本やオーストラリアの70%-90%引きと言った感覚で買い物ができます!



そんな感覚なので普段はできない贅沢を味わうことができます!



今回僕も色々とリッチな気持ちを味わってきました。その一部をご紹介します。



★ホテルのルームサービス!



今まで、その存在は知っていたもの、高いから外で食べよう。と小市民の僕は今まで未経験だったのですが、セブで初めて体験!



こちらの、ホワイトクリームビーフシチュー&ライスとフレッシュパイナップルシェイク。こちらはいくらでしょう?







ホワイトクリームビーフシチュー:250ペソ(約500円)

フレッシュパイナップルシェイク:100ペソ(約200円)

合計350ペソ(約700円)!




ちなみに、ソフトドリンクなどにすればドリンクは50ペソ(約100円)程度ですし、サンドイッチなどの軽食は150ペソ(約300円)!



ルームサービス。そのちょっとした贅沢を気軽に堪能できます!





★ホテルのランドリーサービス



旅行の日数が経ってくると洗濯物が増えてきます。自分でがんばって洗って部屋干しなんて事もしたりもした事もありますが、

今回は思い切ってホテルのランドリーサービスを使ってみました。



4日分の下着・Tシャツ・靴下を朝出したところ、夜部屋に帰ってきたらベットの上に綺麗に戻ってきていました。

Tシャツはなんとハンガーにかかっており、とてもキレイになっています。



さて、こちらはいくらでしょう?







合計で320ペソ(約640円)!



これまた安い!

ホテルのランドリーサービス。なんかできるビジネスマンのよう(小市民による勝手なイメージ。)



これまた格安でリッチな気持ちになれました!





★リッチな日本食&マッサージ



セブには日本人シェフの美味しい日本食料理屋や居酒屋が沢山あります。 オーストラリアにはチャイニーズ経営のあまり美味しいとは言えないけど高い日本食料理屋もあるのですが、セブではこういうお店には日本人をはじめとする外 国人かお金持ちのローカルの人しか来ないので、本格的な店でないとお客さんは入らないので直ぐに潰れてしまうとのこと。



今回は前出のヒロさんお勧めの「一力茶屋」という和食料理屋とマッサージ店が併設されているちょっと雰囲気が良いお店に行ってきました。



メルボルンでも本格日本食は高嶺の花なので、なかなか思いっきりは食べられません。

お寿司盛り合わせ、てんぷらそば、刺身サラダ、ドリンク2杯そして、食後30分のフットマッサージ。こちらはいくらでしょう?



 







食事代:約1100ペソ(約2200円)

フットマッサージ(30分):70ペソ(約140円)

合計;約1170ペソ(約2340円)




日本だと、安い居酒屋でちょっと飲み食いしてもこの金額はおさまりませんね。

もちろん、味は文句なしで美味しいです!

普段思いっきり日本食料理屋さんで注文するなんて恐ろしくできないので、本当に嬉しくて一生の思い出です(笑)



そして、フットマッサージ30分70ペソというのが激安ですよね

でも、これは棒で足のツボをグリグリ押すもので、体の良くない部分のツボを押されるとかなり痛いです。

この日は早朝からアイランドホッピングをしていたので、友人とマッサージ中は寝てしまうだろうねえなんて言っていたのですが

体中が良くないのか、どこ押されても痛い痛い!とても寝られる状況ではありませんでした(汗)

でも、それが体に良いということで30分耐え切りました。これで健康になった!(はず・・・)



その他、セブには本格タイ式マッサージ店が複数あります。タイのマッサージの聖地「ワットポー」から講師を呼んだり、ワットポー認定コースを修了したス タッフがマッサージをしてくれる本格マッサージ店もあります。料金は1時間200ペソ(約400円)程度。僕もセブ滞在中何件か行ってみましたがとっても 気持ちよく、もみ返しも来ない素晴らしいものでした。それが1時間400円とは毎日でも行きたくなります。





★ハロハロ



フィリピンの代表的なデザート。とーても美味しく僕もはまってしまい滞在中何度も食べてしまいました。



こちらは量もたっぷり入っています。こちらはいくらでしょう?







正解は100ペソ(約200円)。しかもこの写真のものはホテルのものなので通常の料金より少し高めです。

一般的なお店だと大体50-80ペソ(100円ー160円)で食べられます。



ダイエッターには本当に悪魔の囁きとなる一品です。





★ビール



常夏セブでは喉が渇くので食事の際のキーンと冷えたビールは最高です!フィリピンの代表的なビールは「San Miguel」、そして最近若者を中心に人気が出てきたという「Red Horse」こちらはSan Miguel社が作っているのですが、アルコール度数7%というストロングビールです。僕は普段はビールはそんなに飲まないのですが、セブでは喉が渇くの で非常に美味しく飲めました!



さあ、このビールのお値段はいくらでしょう?





 





正解は、1本20ペソ~30ペソ(約40円~60円)!!

とこれまた、激安!!




水のように飲むという表現がありますが、将に水のように飲めてしまのです!

ビール好きには将にたまらない地上の楽園です。





★タバコ



最近、日本でも値上げが問題になって買いだめした方も多いのではないでしょうか。オーストラリアではタバコは1箱1200円位超高級品。あまりの高さに強制禁煙した方も少なくないはず。



さて、セブではマルボロ1箱いくらでしょう?







なんと驚きの約35ペソ(70円)!!(お店によって若干値段が変わるようです)

オーストラリア価格の約94%OFF!!



免税店より安いんです!

ヘビースモーカーの方なら差額でセブまでの往復航空券も出てしまうかもしれません!



ただ、安いからと言って吸い過ぎには注意しましょう♪



セブは普段できない贅沢を可能にしてくれます!僕もあちこち旅行に行きましたが、予算を削る為に食べたいものを我慢したり、

やりたいことが十分にできないなんて事も少なくなかったですが、セブでは格安でハイクオリティーなサービスを受けたり

商品を購入できるのでとてもリッチな気持ちを味わうことができるのも大きな魅力です。



ただ、安い安い、美味しい、美味しいと大量に美味しいものを食べてしまい、帰国後更にキツイダイエットをしなくてはいけないなんて事はあるかもしれません(笑)





★そんな格安セブだから出来る格安ハイクオリティー留学!

http://www.philippine-ryugaku.com/


 



メルボルンで最も歴史ある日系無料留学エージェントMTSC留学センター
http://www.mtsc.com.au/

メルボルンの情報はメルボルンの達人で!!
http://www.melbourne-tatsujin.com/

メルボルンオプショナルツアー、便利、安心、お得の「AAOトラベル」!
http://www.aaozt.com/optour/melbourne/opindex.html   

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 05:50Comments(4)格安セブ島珍道中

2011年01月26日

格安セブ島珍道中!その⑥ -ダイビング編-お得割引情報あり!

セブ島といえば外せないのが綺麗に海!



綺麗な海といえば、スキューバダイビング!この旅行の最大の目的のひとつでもあります。



また、セブ島にはアイランドホッピングというアクティビティーもあります。



アイランドホッピングとはセブ島周辺には沢山の綺麗な島があり、船に乗り途中でシュノーケリングやダイビングをしながら、島についたらそこでBBQなどをするという贅沢アクティビティー。



これは両方ともやらねば!



ということで、早速ネットでダイビングショップを調べたところ大小あわせてすごい数のショップがセブにはありました。ザッと目を通すだけでも大変です。途中で調べるのが面倒になりましたが、せっかくのチャンスなのでショップ選びでは失敗はしたくないものです。



色々と情報を探していると、一見料金が安くても何だかんだで追加料金がかかるお店や、設備が充実してないショップなども少なからずあるようで、ますます迷ってしまいます。



そこで、WebSite、MIXI、Facebookなど駆使して情報を片っ端から集めてみた所、沢山の利用者が大満足というフィードバックを残しているあるショップを発見しました。



それは「アクアスケープ」というダイビングショップでした。

セブには高級リゾートホテル内に入っている有名大型ショップも複数ありますが、こちらはご夫婦で経営しているアットホームなショップです。



★アクアスケープさんのWebsite

http://www.aquascape-cebu.com/




早速、メールで連絡してみると直ぐに丁寧なメールが返ってきました。今回は途中で僕の友人が合流する事になっていたので、その友人の空港ピックアップ依頼や最後まで予定が確定できず何度も予定を変更したりしたのですが、そんなわがままにもいつも気持ち良く応えてくれました。



ダイビング初日。



ダイビングは一人での参加だったので、ちょっと緊張しての参加でした。

ショップについて大きな扉が開くとその光景に目を奪われました。まず想像していたよりも遥かに豪華な作り!



 



うわあ、綺麗だなあと思っていたら、オーナーご夫婦でお出迎えしてくれました。



とても明るく気さくなヒロ(細谷 洋貴)さん、元看護師さんで癒し系のヒロコ(細谷 寛子)さん。

美男美女カップルです★







到着が早くダイビング開始までまだ時間があったので、ショップ内を見せてもらいました。



ショップは綺麗な海の目の前にあり、テラスからは綺麗な海を一望できます!もちろん、講習用の綺麗なプールも完備!夕方にはお客さんのお子さん達が普通のプールとしてヒロコさんと一緒に遊んでいました(笑)本当にアットホームで落ち着くショップです。



 



ショップは海の目の前なので、重い荷物をもって長い距離歩く必要はありません。また、ダイビング以外にもジェットボートやスクリーマー(浮輪を高速で引っ張るアクティビティー)など他のマリンスポーツの設備も充実していていますのでダイバー以外の方にもお勧め!



 



ショップ内も広々としていてとても綺麗です。驚いたのはこのショップは全てヒロさんがデザインをしてゼロから作ったとのことです。

確かに細部まで統一的に綺麗にデザインされています。将にこだわりが凝縮されたこだわりのショップです。

家のデザインができるなんてすごいなあと、ドラえもんとオバQ位しか描けない(それも怪しい?)絵心の無い僕はただただ感心。



 



嬉しいのは、マクタン島(空港やリゾートホテルがある島/このショップもこの島にあります)内のホテルならこちらの可愛らしい

アクアスケープ号で無料で送迎してくれます。この車はセブの一般のバスと同じ作りで、通常のバスは旅行客の人は乗るのは難しいとありこれに乗りたい!という観光客の人もいるようです(笑)確かにこの形の車は日本はないですからね、風を切って走るのはとても気持ちいです!







その他現在新しくショップの2階にアコモデーションも建設中!もう殆ど出来ていて近々オープン予定のようです。

部屋のタイプは2つあり、1人部屋と2ベットルームのファミリータイプ。

ヒロさんはインストラクターを育成するコースも開講できる資格を持っているので将来は合宿形式のコースを開講予定とのことです。

まずこちらが1人部屋、十分な広さがあり快適に生活できそうです。ベランダからの眺めも最高です。

 



こちらは2ベットルームのリビングとベットルームの1つ。キッチンも付いていて家族にはピッタリ!

 

ダイビングやマリンスポーツをガッツりやりたいという人などはショップに泊まるのも便利でいいですよね

しかもかなり綺麗なので快適に過ごすことができます。

こちらのショップの近くには徒歩圏内に美味しいレストランも複数ありますので自炊しなくても大丈夫です!



さて、ショップ内を見学している内に出発時間になりました。



ショップから海に出ると、この時期のこの時間は干潮なので船は少し沖まで入れないので少し浅瀬を歩いて移動。海の水は澄んでいてとても綺麗です!浅瀬では地元の人が潮干狩りをしていました。また、ここにはウニがいるので踏まないように注意が必要です。といってもウニは石の近くにまとまっているので海草の近くを歩いていれば踏むことはありませんよとヒロさん。

地元の子供ははだしで走り回っているのにウニを踏むことはないようです。ちゃんとわかっているんですね!



 



セブでは「バンカーボート」と呼ばれる左右に竹でできた浮きをつけた船が主流です。これは揺れが少なく船酔いをしやすい僕でも船酔いなく快適でした。







アクアスケープさんではこの船を2艘もっています。ヒロさん曰く「多くのショップは自前で船は持っておらず、レンタルしている場合が多く、また持っていても無登録な場合も多いので捜査で捕まってしまう場合もあります。内はちゃんと登録している船なので好きな時に出せるのが強みですね。」やはり、安心できる経営をしていますね。

面白かったのは、このバンカーボートはなんとスタッフの手作りだというのです。もともとセブの人たちは漁をして生活している人もいるの船を作れる大工さん(?)もいるようです。でも今はその大工さんの数も減ってしまいなかなか船を作るのが難しくなっているようです。

そして、この船のエンジンですが、なんと車のエンジンを積んでいるようで、アクアスケープさんの船はISUZUのエンジンを搭載しているとか。



バンカーボート内は広々していて快適です。この日はここら辺ではかなり風が強い日ですとのことで船酔いしやすい僕は心配だったのですが、船の真ん中は揺れが少ないですよとヒロさんよりアドバイスをもらい偉そうに真ん中に陣取っていたら本当に揺れはあまり感じることがなく船酔いも一切ありませんでした!







セブのダイビングの大きな特徴は「殿様ダイブ・お姫様ダイブ」と呼ばれるスタイル。日本も含めて多くの場所では機材の準備から搬入、そして着用は自分で行うのが一般的。しかし、セブでは多くのスタッフの人達が乗船していて全部やってくれるので本当に立っていたら機材も着用してもらえて、あとは飛び込むだけ!という感じなので、とーーーても楽ちん。

初めてのダイビングの人はもちろん、久しぶりにダイビングをするなんていう人もとってもありがたいスタイルなんです。



なおこれは、別に怠けているわけではなく、この連載の「観光編」でも書いたように地元の雇用を守るという観点から役に立っている事なので将にWINWINの関係なんです。そしてセブの人たちは本当に明るくい性格なので笑顔でサポートしてくれるのでとても気持ち良いです。



アクアスケープさんのローカルスタッフはリーダーの親族を採用しているのでとても結束が強くテキパキと準備をしてくれ、片言の日本語を話せるスタッフもいるので、一緒にツアーに参加した10年ぶりにダイビングをするというシニアのご夫妻も「いやあ、本当に安心できるね

え」とご満悦でした。



本日のダイビングポイントはオランゴ島というマクタン島(ショップがある島)の対面にある島付近のポイントです。

ここは自然保護区(サンクチュアリ)になっているので、漁もされないことから綺麗な魚がたーくさんいるお勧めポイントとのことで期待大です!



そして、準備もできていざダイブ!!





透明度も高く、水温も高く快適なダイビングです!サンクチュアリなので綺麗な魚が群れを成してあちこちで泳いでいたり、岩陰やサンゴ付近にニモでおなじみのクマノミも沢山見ることができました!



また、この日は道中これでもかという位予定を詰め込んだせいで、やや疲れが溜まっていたようで途中で耳抜き(水圧により鼓膜が圧迫された時に感じる違和感 や痛みを無くす方法)がうまくいかず、耳の痛みがとれない場面がありました。通常こうなってしまうと他のメンバーと離れてしまうために迷惑をかけてしまう のですが、アクアスケープさんの場合は2人のインストラクターが一緒に潜ってくれたので、僕だけがとりあえず一時、少し上に上がって耳の調子を直すことができました。

ダイビングをやる人は経験があるかと思うのですが、グループで潜るときは他のメンバーに迷惑をかけるのはやっぱりちょっと気が引けてしまって我慢してしま うことも多く、後で後悔することに。でも、インストラクター2人体制の為に一人が途中で外れても問題ありあせん。これも贅沢なシステムですが、本当に助か りました!



そして、ダイビングを終えて船に上がる際なのですが、海から出ると海の浮力がなくなりボンベの重さが一気にのしかかるので、船に上がるのが実は結構大変なんです。しかし、ここでは、船の上からスタッフの人がボンベを引き上げてくれるのでこれまた楽ちん!



そして、船上に戻ると、大きなタオルが用意されていました。大きなタオルは持ってくるのが面倒なのでこのサービスは嬉しいですね。

その他、無料のジュース、ミネラルウォーターなどの冷たい飲み物、コーヒー、紅茶の温かい飲み物もしっかり用意されていています。

この気の利いた充実サービスには本当に大満足でした!

余談ですが、洗剤のせいかタオルがとても良い匂いなのでずっと包まっていました(笑)



その後、一度あがってさらに近くのポイントで沈没船を見るダイビングをもう1本!こちらもまたとても綺麗でした!

近場でも色々なポイントがあり、そのひとつひとつが違った面白をもっているので、初級者ダイバーから上級者ダイバーまで皆が楽しめる世界でも珍しい場所がこのセブです。



そして、ショップに帰ってくるとお弁当が!しかも和食のお弁当!なんと至れり尽くせりです。

お腹が空いていてとても美味しそうだったので写真を撮り忘れました・・・・



こちらのショップには温水シャワールームが6つ(?)位設置されており、ボディーシャンプー、シャンプー、リンスなども設置されているので帰る前にさっぱりできます。そしてあの良い匂いのタオルがここに沢山用意されています(笑)



僕も趣味がダイビングなので、日本含めて世界のあちこちで潜ってきましたが、今回のダイビングはその中でも満足度はNO1と言える内容でした。セブという場所も非常に良いのですが、アクアスケープさんの細かい所まで行き届いた気配りがその満足度を最高値まで高めてくれます。ネットで多くの人が絶賛する理由が良くわかりました。



その2日後高校時代の同級生も合流して、今度はアイランドホッピングに参加しました!







実はこの日はこのツアーの参加者は僕達2名だけ!よってスタッフの方が人数が圧倒的に多いというすごい状況でした。



中止しないんですか?と思わずヒロさんに訊いてしまいました。するとヒロさんが

「内は1組でもツアーはやります(笑)船も自前なので好きな時に出せますからね。今日は他のお客さんはダイビングを希望されているのでもう1艘のボートで 奥さんが担当してダイビングをしています。他のダイビングショップだとローカルのスタッフに任せてしまうなんて事も少なくないのですが内は絶対に僕か奥さんが担当します。だから逆に人数が多すぎる場合などはお断りしないといけないなんて事もあります。レンタルボートでローカルスタッフつければツアーは開催しようと思ったらできるんですけどね。でも内は安心第一だからそれは絶対にしません。なので全然儲かりません(笑)」



ふむふむ、確かにそうですよね。今日もお客さん2人ってねえ。。。でもボート貸切でお客さんとしては最高です!







その後、30分位でしょうか。シュノーケリングポイントに到達!

また、ココの海が透明度が高くてとーても綺麗!綺麗な熱帯魚がわんさかいて、ソーセージをパラパラとまくとワッと綺麗な魚が寄って来ます

まるで熱帯魚の水槽の中を泳いでいるようです。



 



ダイビングも楽しいですが、シュノーケリングもまた最高です!時間を忘れて泳ぎまくっていました。

船に上がるとヒロさんが「ずいぶんと長い事潜っていましたね(笑)」と。どうやら通常の人より長く泳いでいたようです。

でも何せ今日は貸切ツアー、時間は自由に使えるという最高の状況。いやあ、本当にこんなに快適でいいのでしょうか。







そして、船にあがり今度は綺麗なビーチがあるという島に向けて船を走らせます。

船の先端に立つヒロさん。おおーその後姿は将に海の男!





カッコイイなあ、よし僕もやってみよう!と挑戦したら船の先端って意外と揺れる上に狭い・・・しかもこの船結構なスピードが出ています。

落ちそうになったので、途中で座りながらの移動。。。海の男にはなれませんでした(涙)



 



船で向かう途中、ヒロさんからセブについて色々な事を教えてもらいました。このあたりは島の山に囲まれているので1年を通して雨が降りにくいなどの地形情 報、セブの発展の歴史、投資情報、美味しいレストラン&有名なのにあんまり美味しくないレストラン情報、もちろんダイビング情報(笑)ヒロさんのカバーする範囲はとても広くこぼれ話も面白くあっという間に時間が過ぎてしまいます。



そして目的地のビーチにつきました。

その瞬間、あまりの綺麗な光景に息を飲みました!

白い砂浜と蒼い海!そして、THE南国という雰囲気。最高です!

 



 



あまり良いカメラではなかったので、なかなか写真でもこのすごさが伝わらないのですが、友達も「すごい。。。」としか言葉がでませんでした。まさに映画の中に居る、そんな感じです!



到着時には殆ど人は居なく、ほぼ貸しきり状態とこれまた贅の沢を極めるとはこのこと!

もう子供に戻ったようにはしゃぎ写真撮りまくりです(笑)



 



その後、スタッフの方がBBQの準備をしてくれるとのことで、しばらく綺麗な海を堪能。



その間、地元の人が漁で取れたものを次々に販売しにきました。もともとツアーで準備してもらっているものがあるので特に買う必要はないのですが、ひとつ見たことがない位大きなシャコ(生きている新鮮なもの)があり、これはとても美味しいというので購入することに。最初800ペソでしたが、交渉の結果600ペソ(約1200円)で購入!これはこの近海で取れるものらしく、市場出の値段より安く買えるのでお得とのことです。

そして、買ったシャコもその場でBBQに!これがとてもクリーミーで、大きいくても大味でなく美味でした。



 



BBQはチキンにシーフードを中心に物すごい量です。しかもビールやジュースも用意してくれています!

また、チキンが赤いのはバナナケチャップというローカルケチャップをつけては焼いて、焼いてはつけてを繰り返して焼いた結果とのことで食べてみるとこれがとーても美味しい!!バナナケチャップはそのまま食べると癖があるので日本人は嫌う人がいるようですが、これはいけます(バナナの味はしません)。その他ヒロさん特性ソースがBBQとぴったりの超絶品!



 



その後、バナナ・マンゴー・パイナップルの盛り合わせデザートも!THE南国ですっ!

マンゴーも食べやすいように綺麗にカットしてくれているのでバクバク食べられます!







そして食べてみると、不思議といつも食べているものより美味しい!これは気にせいか?と思ったら



日本に輸入する際は緑色の状態でないと輸入できないんです。黄色くなるとある物質がでるようでそれが禁止されているからです。なので、木で熟したものは日本では殆ど食べられないんです。だから木で熟した本来のものはこんなに美味しいんですよ。とヒロさん。

なるほど、そういう事だったかあ。それは知らなんだ。またひとつお利口になりました(笑)

それにしても美味しい、美味しすぎる!




ビールも入って、なぜこんな良い雰囲気の所に男3人でいるのだろうか?と思う瞬間もありましたが(笑)、これはこれで気兼ねなく馬鹿な話で盛り上がって本当に楽しい時間でした。



本当はもう一回シュノーケリングをやるつもりだったのですが、お腹いっぱいになってしまって後はビーチでのんびりして時間をすごしました。予定も自由に変えられるこののんびりツアー最高です!



帰りがけに船に乗ろうとしたら、島の子供達が「写真撮ってーーーーー!」と大声で声をかけてきました。

カメラを向けるとポーズをとってくれます。また、船に乗ると今度は別の子供達が「写真撮ってーーーーー!」とまた叫んできました(笑)

とてもフレンドリーで無邪気な子供達です。この底抜けに明るいセブの人たちの性格が本当に心地良いです!



 



この日も朝から丸1日本当に楽しく素晴らしい日となりました。



他では味わう事ができない経験になりました。

本当にりアクアスケープさんを選んで大正解でした!ショップ選びで失敗して嫌な思いをしたなんていう事もネットに書かれていたのでこのショップ選びは非常に重要です。



そして、最後に「本当に大満足のショップでした!一人でも多くの方に選んで欲しいので、何かお得な割引などもらえたりしますか?」

と無理なお願いをしたところ、「良いですよ!セブの良さをもっともっと多くの人に紹介したいですからね!」と快諾してくれました!



よっ!太っ腹オーナー!



ということで、

「MTSCの記事を読みました」とお伝え頂いた方は10%OFFです!!



ただでさえ格安なセブのツアーが更にお安く!



僕がこのオファー使いたかった位です(笑)

僕は絶対にまた行きます!



本当に安心して全てを任せられるショップなのでイチオシです!



★アクアスケープさんのWebsiteはこちら

http://www.aquascape-cebu.com/


メール:info@aquascape-cebu.com






★週末にダイビングをしたりライセンス取得もできる格安ハイクオリティーセブ留学情報はこちら!

http://www.philippine-ryugaku.com/


メルボルンで最も歴史ある日系無料留学エージェントMTSC留学センター
http://www.mtsc.com.au/

メルボルンの情報はメルボルンの達人で!!
http://www.melbourne-tatsujin.com/

メルボルンオプショナルツアー、便利、安心、お得の「AAOトラベル」!
http://www.aaozt.com/optour/melbourne/opindex.html   

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 06:00Comments(2)格安セブ島珍道中

2011年01月25日

格安セブ島珍道中!その⑤-超格安&上質留学(CPILS)編-

メルボルン今日も夏日になって気持ち良い朝です。

セブ島学校訪問第2弾!



今回はCPILSという学校にお邪魔しました。

CPILSはセブ島で最も歴史ある語学学校かつ最大規模を誇る人気校です。日本にもオフィスを持つなどその日本人向けサポート体制はフィリピントップレベルで、日本人をいち早く受け入れた学校としても有名な学校です。



キャンパスはシティー中心部の非常に便利な場所に構えております。もちろん学生寮もキャンパス内に完備しているので生活も便利そのものです。



まずは綺麗な受付を通って入館します。







今回、CPILSをご案内して頂く日本人スタッフの澤田かずきさん。



澤田さんが着ているシャツは「バロン」と呼ばれる常夏のセブの正装刺繍入りのオープンシャツ

とても涼しげでカッコイイです。日本の夏にもピッタリだと思うので是非お土産に!スーパーマーケットなどでも買えるようです!







澤田さんはもともとCPILSで約半年間勉強していた生徒さんで、CPILSが気に入りそのままスタッフとして働く事になったとのことでした。

生徒の視点をもって学生さんのサポートをしてもらえるのが心強いです。生活の相談はもちろん、沢山いる先生達の性格も把握しているので、こんな先生に教えて欲しいという希望があればピッタリの先生をアレンジする事もできるとのことで非常に心強いです。

また、澤田さん以外にも女性の日本人スタッフも常駐しています。男性には相談しにくい相談がある場合や、女性ならではきめ細かいアドバイスもできるので女性一人での留学も安心です!



まず案内してくれたのはキャンパスの中庭にあるプールです。常夏のセブではプールはありがたいですね。勉強で疲れた体を癒せます。放課後には沢山の学生さんがここでリフレッシュしています。



 



プールサイドには南国風ベンチも設置されています。学生さんが談笑したりしており憩いの場になっています。

その脇には売店があるのでここでもとても安くドリンクなどが買えます。





校舎内に入ると、ダイビングの受付がありました。

ここで、格安でダイビングのツアーやライセンス取得の申し込みが出来るんですよ。やっぱりセブ島にきたら綺麗な海でダイビングをしたいという学生さんが多いですからね。学校で気軽に申し込めるので多くの学生さんにご利用頂いていますと澤田さん。







まずは、スタッフルームにお邪魔しました。ここはチューター(担任)のスタッフの部屋で学生さん一人一人に専属チューターがつくので、勉強方法の相談や授業での希望がある場合などを相談できます。スタッフの方は皆とても明るく気さくなので学生さんがいつでも気軽に相談できるようになっていました。澤田さんも学生時代には良く利用していたようです。学生さんのサポート面では、CPILSは本当に細かい所までしっかりしたシステムが確立されています。







廊下には、CPILSの学生さんを対象にしたディスカウントが利くお店情報があります。レストランやマッサージなど安く利用できるのが嬉しいですね。







特にマッサージは日本やオーストラリアでは高いのでなかなか学生さんが利用するのは難しいですが、セブでは1時間数百円で本格マッサージを受ける事ができます。また夜遅くまで開いているお店が多いので勉強やアクティビティーで疲れた時なども気軽に利用できます。ディスカウントが利くお勧めのマッサージショップもありますので、是非私にご相談くださいと澤田さん。





次に訪れたのは最近新しくしたスポーツジム

とても綺麗で最新機材の充実度に驚いてしまいました!すっすごい!



 



 



しかも、ここには専属プロトレーナーが常駐していて、ここを絞りたい、体重を落としたい、上半身を集中的に鍛えたいと相談すれば個別プログラムを作ってもらうことが可能です!トレーナーの方もこれまたフレンドリーで、万年ダイエッターの僕としては是非プログラムをお願いしたいところです(笑)







その他、広いスタジオもあるのでここでエアロビやヨガなどのアクティビティーも開催されています。







続いて視聴覚室。

ここでは、フリークラスのムービークラスやオリエンテーションなどが行われています。

英語の映画を字幕無く理解出来るようになりたい!そんな夢をもっている方も多いのではないでしょうか。

セブ留学中は24時間英語漬けになることも可能なので、その夢を実現する学生さんも多いですよ!





こちらは、広い自習室。2人部屋、3人部屋などの相部屋に宿泊する際はこちらで寝る直前まで勉強できます。夜は多くの学生さんが利用しているようです。





キャンパス内には日本語対応のパソコンも完備しています。もちろん無線LANも設置されていますので自分のPCを持参すれば部屋からインターネットも出来ます!







CPILSでは最近IELTS対策コースも開始し、人気を集めています。IELTSコースは一般英語コースとは全く別のコースになり、早朝から夜中までビッシリ勉強する集中コースになります。オーストラリアやイギリスなどの大学や専門学校に留学を予定している学生さんが勉強されているとのことです。

確かに最近オーストラリアにもセブ島で英語を勉強して来たという学生さんが増えていますね。セブとオーストラリアを組み合わせることで、費用と期間を短縮することができます。

また、逆にオーストラリアにいる学生さんが帰国時にセブへ留学しに行くという方も増えています。



 



CPILSでは学校でIELTSの申し込みもでき、近い将来学校で受験もできるようにする予定とのことです。

僕も昔IELTSを受験しましたが、自分の勉強している環境下で受験できるのは良いですよね!



次に、学生寮を見学させてもらいました。

まずは、一人部屋。広さ的に十分の広さがあり、もちろんエアコン、冷蔵庫、テレビ、勉強机も完備です。



 





部屋には個別にトイレとシャワーが設置されています。部屋の掃除も定期的にスタッフが行ってくれるのでいつも綺麗な状態が保たれています。いやあ、本当にホテルのようです。







 



こちらは2人部屋。1人部屋より広いスペースになっています。費用を抑えたい方は複数人部屋を選択されています。

もちろん、部屋にはトイレとシャワーが完備されています。また自習室があるので夜までしっかり勉強も可能です。







そして、また丁度お昼時ということで、CPILSでもランチをご馳走になることに。

食堂には1週間のメニューが掲示されています。CPILSは日本人好みのメニューも充実しています。







3食ともバッフェスタイルなので好きなものを好きなだけ食べられます!

並んで盛り付けていると中学校の頃を思い出しましたね。いやあまた学生に戻りたいなあと思いました(笑)

こちらも専門のスタッフが作っていますので美味しかったです!







ランチを食べていると、1人の日本人の学生さんが澤田さんを訪ねてきました。



現在、灘高校に通い冬休みを利用して留学している山原 達希(やまはら たつき)さん。







早速、CPILSの感想を訊いてみると



「もともと、お姉さんがCPILSに通っていて本当に良い学校で英語力も伸びると言われて今回の留学を決めました。実際に来て見ると僕の予想以上に素晴ら しい学校です。一番はやはり日本人が少ないので強制的に英語を話す機会が多くなり、友達も韓国人を始め外国人になるのでお互いの文化交流も気軽にできる点 ですね。日本では読み書きは結構勉強したのですが、スピーキングやリスニングのチャンスはあまり無いので苦手意識がありましたが、CPILSはマンツーマ ン授業も充実していますし、グループ授業も少人数制でネイティブの先生からは綺麗な発音も教えてもらえるので非常に実践的です。また自分の好きな先生を指 名することもできるのも良いですね。セブは停電が多いという事もありますが(笑)(学校には自家発電があるので停電時には自家発電に切り替えられます)。 英語を勉強したいという方には僕はCPILSをお勧めします」



という、とても満足されているご様子。

期待が大きいと実際来て見て残念・・・・という事が多いのですがそれを超えて満足いくとはやはりCPILSの授業やサポート体制が本当に高いレベルにあるのだなと思いました。



その他親子留学されている日本人の親子の学生さんにもお会いしたのですが、子供もCPILSの生活が凄く気に入って大満足ですよ。CPILSには親子留学される方も多いので、友達も沢山できましたね。と明るくお話してくれました。



スタッフの澤田さんもとても優しく丁寧な生徒さんのサポートには定評があります。元在校生という経験もあり、将に生徒さん側の立場でサポートをしてくれるので始めての海外、親子、シニアの方まで安心して留学ができ、またリピーターも非常に多くいるとのことです。



先生の管理も非常にしっかりされており、先生の遅刻や欠席は厳禁。学生さんからのクレームがあれば直ぐにヘッドティーチャーが対処し、改善されない場合は解雇します。それに内の先生になるには5次試験まであり、採用されても2ヶ月は研修期間でCPILSの教師としてのノウハウをみっちり学んでもらいます。そして晴れて正式な先生のなった後も毎週先生用の宿題も出され、頻繁にヘッドティーチャーによる先生の勉強会を開催しています。先生も正式に先生になってからが一番大変なんじゃないかと思うくらいなので、先生の質には絶対の自信があります!と澤田さん。



初級者から上級者まで満足度の高いCPILSと聞いていましたが、なるほどそういう理由もあったんですね!



セブには約100校の語学学校があるとのことですが、その競争を勝ち抜いているTOPの人気校は先生、カリキュラム、サポート体制、設備など本当に高いレ ベルにあります。ただ安いだけじゃなく、上質の環境で勉強できるそんな理想的な環境がセブにはあるなと改めて実感しました!





★CPILSの詳細や料金はこちら

http://www.philippine-ryugaku.com/schools/cplis.html/




メルボルンで最も歴史ある日系無料留学エージェントMTSC留学センター
http://www.mtsc.com.au/

メルボルンの情報はメルボルンの達人で!!
http://www.melbourne-tatsujin.com/

メルボルンオプショナルツアー、便利、安心、お得の「AAOトラベル」!
http://www.aaozt.com/optour/melbourne/opindex.html   

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 05:02Comments(3)格安セブ島珍道中

2011年01月24日

格安セブ島珍道中!その④ -格安で歯医者に行こう編- 

メルボルン今日は朝雨が降っていましたが、現在は良い天気になっていますね。

海外で虫歯になってしまった・・・



でも、どういう訳か海外旅行保険は歯医者はカバーされない事が多いです。オーストラリアで無保険で歯医者に行くと最低$100~$150程度はかかってしまいます。何本か虫歯を治療したら$1500以上かかってしまったという話も少なくありません。



僕も詰めていた所が大きく欠けてしまいました。そこで、今回のセブ島旅行中に歯医者に行こうかと。



友人もセブ島で歯医者に行ってきて非常に安かったと聞いて、歯医者に行くならセブ!と決めていました(笑)



でもいくら安くても、歯医者は技術がきちんとしてないと後でとんでもない事になるから心配・・・・微妙なニュアンスを伝えないといけないので言葉がちゃんと通じるか心配・・・という声を良く聞きます。

実際僕もセブで歯医者に行くと言ったら周りの人から「大丈夫なの?」と言われる事が多かったです。



確かに一抹の不安が無いわけではありません。でも、人に勧めるにはまずは自分が体験しなくてはいけません!



そこで、前出のSMEの日本人スタッフの渡部さんに「セブ島でお勧めの歯医者さんはありますか?」と質問したところ、セブには日本語の通じる歯医者さんがありますとのこと。流石頼りになります!



早速メールで予約してみました。予約のメールも日本語で送ってみましたが、問題なく予約がとれました!



そして、当日ホテルからタクシーで向かいました。



住所はMiller Hospital 400 Tres de Abril St Cebu cityで、セブシティーの外れにあります。ホテルからは車で20分程とちょっと距離がありますが、タクシー代は大体300円でした。往復しても日本のタ クシーの初乗り料金以下という安さです。



住所を見て、「あれ?」と思った人もいるのではないでしょうか。僕も最初、こちらに来た時あれ?と思ったのでうすが、



セブの住所には番地がありません!



学校やお店の住所も番地の表示がないので、最初なんで隠しているのかな?と本気で思ったのですが一般の人の家も含めてセブには番地は存在しません。○○地区の△△ビルとか××さん宅とかそういう書き方なのです。



なので、Googleマップで検索かけても大体の地図しかわかりません(笑)

では、タクシー運転手も知らないマイナーな場所に行く時はどうするのかというと・・・・



その地区に着いたらその辺りの人に訊く!



というなんともアナログ式(笑)



郵便も引っ越したばかりなどの時は郵便局の配達スタッフが知らないので届かないようです(笑)

その場合は自分でIDを持って郵便局に取りに行くとのこと。ちょっと他では考えられないシステムですが、意外とこれでも何とかなってしまいます(笑)



話がそれてしまいましたが、ここの歯医者さんはMiller病院という総合病院の中にあるのでタクシーのドライバーさんも良く知っているので問題なく着き ました。Miller病院は少し建物が古いのですが、こちらの歯医者さんゾーンはとても新しい感じで綺麗なので安心しました。







クリニックの中も綺麗で、とても明るく日本やオーストラリアの歯医者さんと変わりません。

 





受付で日本語で話しかけたら上手く通じませんでした。あれ?と思って話を聞いてみると日本語が話せるのは先生(ご夫妻で歯科医師をやっており、奥様が日本語を話せるとの事でした)



でも、名前を言えばすぐにわかってもらえるので特に英語は必要ありません(笑)



しばらくすると奥さんが笑顔で出てきてくれて「石原さんですか。こんにちはあ」と日本語でご挨拶をしてくれました。

その後暫く談笑して、僕がオーストラリアから来たということで途中から英語での会話に(笑)

でも、初対面だったのですがとてもフレンドリーで昔から知っている歯医者さんのような感じがしました。

セブの人のこのフレンドリーさは本当に気持ちいいですね。



さあ、緊張の治療開始です!



 



まずは、歯を見てもらうと、欠けていた歯以外にも2本の虫歯があることが分かりました。

そこで、全部治してもらうことに。



ただ、いくら安いといっても一体全部でどのくらい掛かるのだろうか?医療は安いといってもなあ。。。と不安に思っていたら

先生から「こことここが1500ペソでここが1000ペソ。なので全部で4000ペソ(約8000円)になりますけど、大丈夫ですか?」と

説明がありました。将に明朗会計(笑)



3本も治して無保険で8000円!激安!オーストラリアでは軽く数万円コースなのでかなりのお得感があります!



歯が欠けていた場所は、僕が思っていたよりも大きく欠けてしまっていたので治療時間も1時間半を費やしました。

先生はかみ合わせもしっかりいくように、かなり丁寧に治療してくれました。



そして無事治療完了!





いやあ、大きく欠けていて場所もしっかり治りとても満足です。



治療後、先生と記念撮影。優しい人柄が出ている笑顔が素敵です。





その後、旦那さんも交えて色々とお話をさせていただきました。



旦那さんとはセブで知り合って一緒に日本に留学し国立岡山大学の歯学部および大学院医歯薬学学科で博士号を取得されていますので、その技術は折り紙付き!先日もフィリピンの歯医者の代表としてアメリカの講習会にも参加してきたということでそのスキルは地元でも非常に高く評価されています。



日本には語学研修の期間も合わせて合計5年滞在し、日本語検定2級も取得しているので英語に自信のない日本人の患者さんには全部日本語で対応もできますよという心強いお言葉。

また、急な歯痛には夜の9時まで対応してくれる(5時~9時は要予約)というのがありがたいですね。学生さんの場合も授業を休まず歯医者にいけるのが嬉しいですね。



旦那さんに何で日本に留学したんですか?と訊いたら「だって、奥さん一人で留学させたら誰かに取られちゃうからさ(笑)」という将におしどり夫婦です。羨ましい限りです。



こちらは受付に飾ってある留学した時に、日本で着物を着ての写真。





今でも日本人の友達も多く日本が大好きと言ってくれるので嬉しいですね。



その後も話が盛り上がっていたら、旦那さんが「これから、我々は食事と買い物にいこうと思うんだけど、一緒にどうですか?」

とお誘いを頂きました。



まさか、歯医者さんに行ってそんなお誘いを頂けるとは思っても見ませんでしたが、とても嬉しいオファーなので是非ということで一緒にお出かけ。



SMショッピングセンターにて、フィリピン名物「ハロハロ」と一緒にパシャリ!



  



ハロハロとは現地の言葉でミックスミックスという意味で、良くかき混ぜて食べるものなんだよと教えてもらいました。

早速混ぜて食べて見ると、とっても美味しく、これもはまってしまいその後もあちこちでハロハロを食べまくりました(笑)

その後もセブについて色々と現地の人でないとわからない事なども教えてもらって大満足の一日です。本当に暖かい人たちでした。



セブ島留学中に虫歯になってしまった人はもちろん、オーストラリアで虫歯になってしまった人も観光や留学を兼ねてドコール歯科医院に行くのもお勧めです! 差額で片道エアチケット代位は出てしまうかも!



僕もまた次回虫歯になったら、セブ島にいきます(笑)



★ドコール歯科医院(Docor Dental Clinic)

住所:Miller Hospital 400 Tres de Abril St. Cebu City

電話;(032) 238-8021

E-mail: rodivickdocor@yahoo.com(日本語可)

カード:VisaとMaster

治療時間:月~金8:30~17:00(17:00~21:00は要予約)






★格安&ハイクォリティーセブ留学はこちら!

http://www.philippine-ryugaku.com/


 




メルボルンで最も歴史ある日系無料留学エージェントMTSC留学センター
http://www.mtsc.com.au/

メルボルンの情報はメルボルンの達人で!!
http://www.melbourne-tatsujin.com/

メルボルンオプショナルツアー、便利、安心、お得の「AAOトラベル」!
http://www.aaozt.com/optour/melbourne/opindex.html   

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 05:08Comments(3)格安セブ島珍道中

2011年01月21日

格安セブ島珍道中!その③ -超格安&上質留学(SME)編- 

今日もメルボルン良い天気ですね。

最近セブ島は実は


超格安でハイクォリティーな語学留学ができると注目されつつあるのです。


えっ!?セブで英語を学ぶの?なんて思う方も多いのではないかと思うのですが、セブのあるフィリピンの公用語は英語です。フィリピンはアメリカ・イギリスに続く世界で3番目に英語を話す人が多い国で、大学の講義などは全て英語で行われますし、文字は英語を使っているので街中の看板、雑誌、メニューなど全て英語です。


確かに一般の人はフィリピン鈍りをもっている人もいますが、語学学校の先生は皆大学でしっかりしたアメリカ英語を身につけており、流暢な英語を身につけています。


しかもここでもご紹介してきた通り物価が非常に安い事から、セブでは欧米と比べて非常に安い料金でしっかり勉強できるのです!しかも授業は欧米の留学では通常ない、マンツーマンを基本とした超少人数制授業、1日の授業時間は6時間~10時間以上と通常の欧米留学の1.5倍~2倍以上もあり、嫌でも英語力は伸びてしまうという素晴らしい環境にあります。


 そんなことからも、特に韓国から注目され現在なんとセブには大小合わせて約100校の語学学校があります。もちろん、その中には運営状況が良く分からない学校もあります。そこで、


MTSC留学センターでは、



①政府から認可されている

②日本人スタッフが常駐しおり現地サポート体制が整っている

③日本人受け入れ経験が豊富

④卒業生から評判が高い


という条件をクリアしている学校をピックアップして安心して学ぶ事が出来る学校のみを紹介しています。


今回はでは一体セブの学校はどんな感じなのかを実際に行って体験してきましたので、ここで紹介します!


ます、最初にご紹介するのは「SME」という人気学校です。


2006年開校した比較的新しい学校ですが、その一切妥協しない超効率的なカリキュラムで飛躍的英語力がアップができると評判で数あるセブの語学学校の中でも一気に人気の学校になった今一番勢いのある学校一つです。


キャンパスはセブシティーに通常の一般英語コースがあるクラシックキャンパスと、長時間集中コースのあるスパルタキャンパスを郊外に構えています。


まずは、クラシックキャンパスにお邪魔しました。 門をくぐると、ひろい校庭と立派な学生寮が目を引きます。




まずは、SMEの日本人スタッフの渡部大輔(わたなべだいすけ)さん(右)と一緒に校庭前で記念撮影。

 


渡部さんは依然はアメリカで仕事をしており海外生活も長くセブの情報にも精通しており頼りになります。


とてもソフトな雰囲気で学生さんや他のスタッフの方からも慕われており見学中も多くの学生さんが渡部さんを訪ねてきていました。


渡部さんは日本人の学生さんの空港ピックも担当しているので、セブ空港に到着から帰国まで完全にサポートしてくれます。


まずは、アカデミックデパートメントオフィスを見学。


ここは学生さんが教科書を受け取りに来たり、毎週土曜日に行われる英語力試験の申し込みなど行います。


現地のスタッフの方も明るく活気がありました。


教科書はSME独自のものを使用しておりこだわりを感じます。全部で15レベルという非常に細かく分けされており自分のレベルにあったクラスで勉強ができます。また、クラシックキャンパスは必須のレベルチェックテストは4週に1度ですが、希望者は毎週TOEICやIELTSなどの模擬試験を無料で受ける事ができ、自分の英語力の伸びをチェックできるのが嬉しいですね。

  


アカデミックオフィスをでると先生の休憩室があったので、お邪魔してきました。突然の訪問に関わらず写真を撮って良いですか?と訊くと「今日はお化粧をちゃんとしてないから恥ずかしいわ(笑)」なんて良いながらも全員笑顔で、パシャリ!


先生達も気さくで非常に明るいのが印象的です。


先生は女性が多いようです、渡部さんによると女性の方が言語能力が長けていることが多く、発音も良い人が多いので女性の先生が多くなっているんですよとのこと。


その後教室を見学させてもらいました。


まずは基本となるマンツーマンの授業を。


先生と1対1なので、学生さんが弱いところ、伸ばしたいところを重点的に勉強できますし、分からないところなどその場ですぐに訊けるのが魅力です。


続いてグループ授業。こちらも超少人数制(最大8名)です。グループ授業では学生さん間でのディベートの練習やマンツーマンではできないシチュエーションの授業などが展開されています。


その後、プチ授業を体験ということでマンツーマンで先生とスピーキングの授業を!


先生はIELTSコースを担当している笑顔が素敵なDesiree先生。


セブ留学の先生の訛りが心配だという声が結構強いですが、先生は非常に流暢にクリアな発音を身につけていてオーストラリアに暮らす僕が聞いても綺麗な英語だと思えるレベルです。


また、マンツーマンは常に先生が横に居るので疲れてしまいそうだなと思ったのですが、逆にマンツーマンは生徒が望むペースで授業を進めることができるので無理なく勉強できますよとDesiree先生。


う~ん、こんな授業なら僕も受けたい!と思ったのは言うまでもありません(笑)


次の施設の見学があるので後ろ髪を引かれる思いで、移動。


一度外にでると目の前に校庭前に綺麗なパラソル付きベンチ。休み時間などは学生さんがここで友達と話したり読書をしたりしている憩いの場です。開放的名雰囲気がまた南国っぽくて素敵です。


その脇にはSMEカー。キャンパス間の移動や空港ピックアップ時に利用されるようです。


キャンパス内には売店とクリーニングコーナーがあります。


ここで夜食用のお菓子やラーメンなどを買ったり、洗濯物を頼む事ができます。驚きなのはクリーニング代は無料!右の写真の用紙に記入して預ければ数日で綺麗になって戻ってきます。


部屋の掃除もスタッフが行ってくれる為に学生さんは勉強に集中できます!バックアップ体制は非常に整っていますね!

 


また、新設された自習室。夜遅くまで開いているので夜は皆さん結構こちらで勉強されているようです。


将に朝から晩まで快適に勉強できる環境が整っています。


 キャンパス内にはこのような飲み水が用意されているのが嬉しいですね。





その他、情報掲示板などがあり、大切な情報はここに掲示されます。


また、一定の条件をクリアした学生さんには学校特性のクッションやポロシャツがプレゼントされます。長期で勉強している人にはこういうモチベーションのキープする方法が嬉しいですね!


その他、見学中に突然男の子とが渡部さんの下へやってきました。


「この子は短期留学で冬休みの間だけ来ているんですよ。最近親子留学やお子さん留学も増えてきていますね。SMEは全寮制になっているので24時間近くにスタッフがいるので安心なので是非親子留学もお任せください」(渡部さん談)




確かに、渡部さんをはじめ24時間体制でスタッフがいるのでお子さんやシニアの方の留学も安心ですよね!ちょうど、お昼になったとのことで学校のランチをご馳走になることになりました。


食堂に行くと今週の献立が掲示されていました。なるべくメニューが偏らないように気を使っていますとのこと。


韓国の学生さんが多いので、たまに辛い料理が多くなってしまう日もあるようで、そういう場合は中国・日本・台湾の学生さんように辛くないメニューも用意しますという痒いところに手が届くサービスも!


今日のメニューはカツ丼と、バッフェスタイルのランチ。食事はもちろん、専門スタッフが作ってくれるので味もおいしかったです。




お腹一杯になったらスポーツを!ということでSMEにはスポーツジムも設置されています!


現在もかなり充実しているのですが、改築中で更に充実する予定ですと渡部さん。うーん、SMEの人気の秘訣はこういう設備の充実にもありそうです。

 


ジムの奥にはゴルフ練習場が!セブはゴルフも格安に出来るので学生さんでもゴルフを始める人が多く、またここにはゴルフのコーチがいるのでゴルフレッスンも受ける事ができます!


しかもこのコーチはアメリカでプロの資格をもつ本格派。僕も最近ゴルフを始めたので、是非習いたかったです。あー見学じゃなくて、本当にSMEに入りたい!と思いましたね(笑)

 


その後は、郊外にあるスパルタキャンパスを見学にいきました。クラシックキャンパスとは車で約20分の距離です。


途中、スパルタキャンパス近くにある


SMEプレミアム寮を見学。


これ全部SMEの寮です。反対側にも同じ建物があります。新しい寮なのでとても綺麗です。


リビングはとても綺麗なのでびっくりしてしまいました。このプレミアム寮にはなんと先生が交代で住んでいるので24時間英語環境になれるというのが大きな魅力。非常に人気が高いので数ヶ月前からの申し込みが必要のようです。

 


そして、プレミアム寮から徒歩1.2分でスパルタキャンパスに到着。スパルタキャンパスは2階建ての寮と校舎なので空が広々見える開放的な雰囲気です。

寮と校舎が徒歩30秒なので通学はめちゃくちゃ便利です(笑)

 


スパルタキャンパスは、スタッフや先生が鬼のように厳しく、竹刀をもったスタッフが常に学生さんを監視し、成績の悪い生徒を・・・・


なんてことはなく(笑)1日の授業時間が朝6時40分~午後9時までびっしりという長時間授業が行われているキャンパスです。スパルタキャンパスの韓国人マネージャーさん達とパシャリ!スパルタキャンパスですがスタッフの人たちも皆明るくて新設な人たちです。


学生だけでなく、先生やスタッフもタイムカードで規則正しい生活をしています。遊びたい気持ちを学生さんは我慢しているので先生やスタッフも同じ気持ちを共有しているようです。


スパルタキャンパスも授業風景を見学させてもらいました。マンツーマンの授業風景。マンツーマンはすぐに質問ができるあって、友達に質問するような感覚で質問ができるのが魅力ですね。


2人と4人の超少人数制授業。こちらは周りに友達がいるので、明るく楽しい授業が展開されていました。


先生も非常にフレンドリーでジョークなど交えながら授業を行っていました。


長時間の授業ですが、飽きさせない工夫がなされています

 



キャンパス内にはプールもあります!常夏のセブでは放課後生徒さんがよく泳いでいるようです。また、その脇には南国風のベンチも設置されており、よくカップルがここで愛を囁きあっているようです。実に羨ましい話です(笑)

 


プールの横には売店があり、1本数十円という安い金額でジュースなどが飲めます。


朝から晩まで勉強だけでは、疲れてしまいますからね色々とリフレッシュできる仕組みが用意されています。


SMEは超効率的なカリキュラムが大きな売りとなっていますが、それだけでなく充実した設備、新設でフレンドリーなスタッフの細かいサポート、先生の質の高さもセブでTOPクラスであると思いました。特に日本人スタッフの渡部さんは滞在中最初から最後まで本当に親切にサポートをしてくれて本当に助かりました。


学生さんが困っていればいつでも対応してくれる頼りになる方なので初めての海外、留学という方も安心して留学できる環境が整っています。




★SMEの詳細や料金などはこちら!

http://www.philippine-ryugaku.com/schools/sme_classic.html/


 



メルボルンで最も歴史ある日系無料留学エージェントMTSC留学センター
http://www.mtsc.com.au/

メルボルンの情報はメルボルンの達人で!!
http://www.melbourne-tatsujin.com/

メルボルンオプショナルツアー、便利、安心、お得の「AAOトラベル」!
http://www.aaozt.com/optour/melbourne/opindex.html   

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 05:05Comments(2)格安セブ島珍道中

2011年01月20日

格安セブ島珍道中!その② -THE観光編- 

今日もメルボルン清々しい朝を迎えています。

さて、セブ2つ日目。



朝食はホテルの1階にある綺麗なレストランでバッフェスタイルの朝食。

洋食スタイルで種類も多くおいしいので朝からモリモリ食べてしまいました(笑)

目玉焼きやスクランブルエッグなどは注文するとスタッフがその場で作ってくれます。朝からちょっとセレブな気分を味わえます。

セブでは日本やオーストラリアでは味わうことができない、リッチな経験が本当に沢山できます!



今日は朝からセブの観光地に行く予定なので、朝食後はさっさと外出の準備をしていざ出発!



ホテルのエントランスの扉は扉を開ける専門のスタッフがいつでも空けてくれるのですが、そういう状況に慣れてないのでちょっと照れくさかったですね。しかし、ここのホテルのスタッフはいつでも笑顔できちんと挨拶をしてくれるのでとても気持ち良いです。こういうのは言われてもなかなか出来るわけではないのでやはりセブの人たちの温和な人柄が出ているのではないかと思います。



エントランスを出るとそこには今度は警備員が立っていて、流しのタクシーをすぐに呼んでくれます。これは非常にありがたいサービスです。もちろん、警備員の方々もいつも笑顔で接してくれます。本当にここのホテルのスタッフは素晴らしいです!



タクシーに乗ってまず、向かったのは「サント・ニーニョ教会」

 



ココはフィリピン最古の教会の一つのようで、今でも毎日多くの信者の方々が礼拝に来ています。観光客よりり現地の人が多い場所です。



サント・ニーニョとは「幼きイエス」の意味のよう、ここにはかつてマゼランがセブの女王に贈ったといわれるサント・ニーニョ像が収められています。この像 には、16世紀にセブが戦火に包まれたとき、その焼け跡に傷ひとつつかずに横たわっていたという逸話があるようで将に聖地なっています。



この日はクリスマスシーズンという事で、偉い牧師さん(?)がスピーチ(?)をしているようで中は人でごった返しになっておりなかなか入れないくらいの盛況ぶり(笑)









中心地はもう入り込む隙がないので、ちょっと脇に入ると壁に綺麗な宗教画が沢山飾られていました。



 



周りを見ても熱心な信者の方々が多く、ちょっと僕は場違いの場所に来てしまったかなと。

ここは観光客が来るところでなく、熱心な信者の方が来るところだ。煩悩を捨てて来なければいけないのかも。と思って外に出たら







キャラクター風船を大量に売っているおばさん達が!!どうやらここに来るのは熱心な信者の方だけではないようです(笑)

ちょっと安心しました(笑)



また、この教会の隣にはこれまた観光スポットのマゼランクロスがあります!

この小さな家のような建物の中にそのマゼランクロスはあります。









マゼランクロスとは、1521年にマゼランがこの地を訪れた時に建立した巨大な木製の十字架のこと。フィリピンで最初のキリスト教徒となったセブの女王と臣下がこの十字架の下で洗礼を行ったことで有名なようです。



こちらがそのマゼランクロス。かなりの大きさがあります。









天井には当時の洗礼の様子が描かれています。









しかしいつの日か、この十字架には万病を治すという言い伝えが生まれ、十字架を削り取り持ち帰る人が絶えず十字架に傷が増えてしまいまったようです。なので、十字架の下にあるように、現在はこのマゼンクロスは木のカバーで覆われています。







都市伝説がまことしやかに囁かれてしまったせいで、現在では本物のマゼランクロスが見られないのはちょっと残念ですが、それほどこのクロスに思いいれがあるのだなと思いました。



その後ここより徒歩5.6分の所にあるという観光スポット「サンペドロ要塞」に向かいました。

この要塞は日本軍占領下、捕虜収容所としても使われたということもあり日本人の僕にもかなり興味深い場所です。



現在は一部工事をしており目立つのですぐに分かるとのことでしたが、僕は超人的な方向音痴なので全く違った方向に歩いていってしまいました。



因みに今回はガイドブックや地図など持っておらず全部現地での情報収集なのでちょっと厄介でした。



しかし、予想以上に歩いてはしまいましたが何とか工事中の建物!



ほうほう、思ったより要塞は新しく綺麗な感じで、まるで教会のよう。要塞というからもっとごっついイメージがあったのですが。さすがは南国!







で、中には入って行くと



 



要塞がいつの間に豪華な教会になっていました。



なるほど、昔は要塞だったが今は教会として使っているのだな。工事もしていたしそうやって古いものを常にリノベーションして使っているんだねえ~と思ってみたり。



しかし、見れば見るほど教会っぽい。もはや要塞の原型を留めてないのう。などと思いながら敷地を出て振り返ったら

そこには







「Cebu Metropolitan Cathedral (セブメトロポリタン大聖堂)」の看板が!!



要塞じゃななーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!



教会っぽいじゃなくて、教会そのもの!!




同時期にたまたま工事をしていたようです。。。Orz



そして、周りの人に訊いてみるとどうやら僕が歩いてきた方向は明後日の方向とのこと。



何たること!流石は超人的な方向音痴。地図を見ながら道に迷うだけはあります。



しかし、こんな事は僕にとってはよくある事なので、想定の範囲内です(笑)

旅行中は道に迷うのもまた楽しいもの。



そして、また暑い暑いお天道様の下をトコトコと一路今度は確実にサンペドロ要塞に向かいました。



今度は確実に要塞を発見!遠くからもその姿を見る事ができます。



要塞は大きな敷地の中にあり、その前面が工事中のようでした。要塞に続く道ですが、脇には露天が連なっていますが、店員さんは昼寝をしたり、買い物に行って居なかったりと殆どやる気ゼロ。たまーに声がかかるくらい。南国のゆる~い時間が流れていて素敵です(笑)







道を歩いていたら突然左手にビルの上に船がある建物を発見!

そーいえば、東名高速を走っていると同じようにビルの上に船があるラブホテルが見えたなあなんて思い出してついついパシャリ!(笑)











そしてやっと、お目当ての要塞に到着!! 今度は間違いありません!やはり要塞はこうじゃなきゃ(笑)



 



30ペソ(約60円)の入場料払うと要塞敷地内に入れます。

敷地内は綺麗に整備されていて、当時の大砲などが展示されています。



 



敷地内には猫ちゃんがいたりと、かなりのどかな時間が流れています。要塞ですがとても平和な感じがします。

平和な時代に生まれて本当に良かったと改めて痛感します。



 



二階にも上がることができ、ココにも大砲があり、ここから攻撃していたのだろう姿を想像したりもできます。

見晴らしが良く気持ち良い場所です。



 





その後部屋に帰り、今度はセブにある2つの代表的な大型ショッピングセンターの内、昨日行ったショッピングセンターとは別の「SMショッピングセンター」に行ってきました。因みに僕が泊まっているホテルからはどちらのショッピングセンターもタクシーで50ペソ(約100円)でいけるので便利です。







入り口からクリスマスモード全開です!メルボルンもかなりのクリスマスのデコレーションが凄いですが、セブも負けていません!

セブもオーストラリアと同じく真夏のクリスマス!







本日のお目当ては飲み物。



セブの水道水は飲む事ができません



外は暑いのでのどが渇くので常にミネラルウォーターなどが必要になります。コンビニなどが近くにない場合もあるのでまとめ買いしておくのがお勧めです。



セブでの注意点としては、お腹が弱い人はレストランでもジュースを頼む時は氷抜きと注文した方が良いです。氷はミネラルウォーターから作ってない可能性が高いからです。もの凄いお腹が弱い人は歯磨きやうがいなどもミネラルウォーターで行うのが良いと地元の人が言っていました。



僕はお腹は強いほうなので、容赦なくジュースの氷をバリバリ食べていましたが(笑)



そして、スーパーマーケットに行った際に一つ気がついたことがありました。



昨日行ったスーパーマーケットも同じだったのですがもやたらにスタッフが多い!



店内にもスタッフの人がやたらに目に付き、レジでもレジを打つスタッフの後ろに袋に入れるスタッフ、その後ろに何故かブラブラしているスタッフまでいました。どう考えてもスタッフの数が多い過ぎるような感じがします。



あとあと聞いた所によると、ショッピングセンターなどを作る時にその土地に住んでいた人を立ち退かすことが必要になるので、その際にそこで雇うという条件 を提示しているからだだそうです。またお店やホテルなどなるべくポジションを作り人を雇う事が人口の多いセブでは大きな地域貢献となり、それを怠ると地域 住民と軋轢が生まれる事があるようです。雇う側も人件費が安いので人を多く雇ってマンパワーを充実させることができるのでそれはそれでOKといったサイク ルができています。なのでセブではスーパーのレジのセルフサービスなどありえません。

給料面ではやや問題があるように思えるが、セブでは企業の雇用面で地域貢献というのが確立されているように思えました。



その他、面白いのがショッピングセンターに入る際には入り口が男性用と女性用に分かれています。

これは最初見た時は宗教上の理由かな?と思ったのですが、実はこれテロ対策で入場者チェックのためで、ボディーチェックがあり男性用の入り口には男性スタッフが、女性用の入り口には女性スタッフがいるのです。



しかし、治安の良いセブではテロなどまず起こることがないので、このチェックが恐ろしいほど緩いです(笑)一応空港内にもある金属探知機のゲートを通るのですが、電源が入ってないのではないか?という位ほぼスルー状態(笑)



僕も空港では100%ひっかかる、ベルト、リング、ブレスレットなどフル装備で通っても絶対に鳴りません。たぶんマサカリ担いでいっても鳴らないと思います(笑)



そして、一応ボディーチェックがあるのですが、これがもう体に触れるか触れないか分からないくらい。これでは絶対に分からない(笑)後に地元の人に聞いた 話で、知り合いの警察官が背中にマシンガンをしょっているのを忘れてゲートを通過したらそのまま入れたという笑い話もあるくらい!

逆に言えば、それだけセブの治安は良いという事の証明になりますね。



そしてこれが本日購入した飲み物とアイスクリーム!





ミネラルウォーター×3本

リプトンの紅茶×4本

ネスレのクッキーチョコレートアイス



これ全部でいくらだと思います?



なんと全部で約200ペソ(約400円)と超激安!ミネラルウォーターなどは1本20円以下で買う事もできます!!



その他スーパーで色々なものの値段を見るとどれもこれも本当に安い。中には日本やメルボルンの10分の1程度のものも少なくなく値段を2回位見返してしまう勢い(笑)スーパーの商品の安さは半端じゃないです!



写真のリプトンのこの紅茶はメルボルンでは1本$3.5程度(約280円)するのですが、それが60円程度。1年分まとめ買いしたくなります(笑)



その他、ショッピングセンター内の屋台のようなところで売っている、チーズドック(?)種類も沢山あって、これがまた結構おいしくはまってしまって、ちょこちょこ食べていたのですが、これなんと1本20円~30円!!3本買っても100円もしない!

これはたまらない!もはや地上の楽園とはセブの事ではないかと思う勢いです(笑)







そして、このチーズドックをムシャムシャと食べながらご機嫌で歩いていると、今度は馬の乗り物(?)に乗って遊ぶアトラクションを発見!もう日本では殆ど みられないようなアトラクションですが、みんな満面の笑みです。この屈託のない笑顔にちょっとこみ上げてくるものがありました。









そして、帰りはシッピングセンターからもタクシーをひろうのですが、メータータクシー専用の乗り場があり、そこからタクシーを乗ると係りの人がチケットの ようなものをくれます。これにはタクシーの登録番号が書いてあり、タクシーがメーターを使わなかったり、料金を吹っかけたりしたらすぐに役所に連絡を入れ られるようになっていますので女性一人でも安心して乗る事ができます。







電車がなく、バスは乗り合いバスのようで観光客は乗れる状況にないので、セブでは移動は全てタクシーになります。

海外でタクシーという料金でもめるトラブルがまず想像されるかもしれません。僕は滞在中何十回とタクシーを利用しましたが、

たまにメーターを使おうとしないドライバーもいたものの、メーターを使って下さいといえば拒否する人は居ませんでした。また8割位は言わなくてもメーターを使ってくれますし、旅行客とわかっても遠回りするドライバーさんはいませんでした。

また、帰りにお客を拾いにくい遠い場所を指定する場合はたまーに乗車拒否というのがあるのですが、そういう場合はメーター+50ペソでどう?などと交渉すると大概OKです。



あと、何故かセブのタクシーは常に急いでいます。こちらは全然急いででないのに、ドライバーは次々に車を抜い行きます。もちろん、ゆっくり走ればそれだけ 料金を取れるのですがそういう儲け方は誰もしないようです。お客を乗せていても乗せてなくてもタクシーは急いでいるというのがセブのタクシーの印象です (笑)



タクシーでぼったくられた!という人もいましたが、きちんと意思表示すれば殆どの場合は問題ないと思います。



セブの治安は観光地ということもあり、政府も重点的にセキュリティーに力を入れているので安定しています。

また、セブの人達は皆本当に明るくて、ちょっとシャイな部分もある平和的な性格の人が多く観光客に対しても人当たりもいいです。

フィリピンと聞くと「危ないのでは?」というイメージもありますが、セブ島はそういう感じはしません。

セブ島の魅力は安いだけでなく、そこに暮らす人の良さも大きな魅力です。

僕はセブにきて2日目にして早くもセブの虜になっていました。



★そんなセブ島で格安でハイクオリティーの語学留学ができます!!

http://www.philippine-ryugaku.com/


 



メルボルンで最も歴史ある日系無料留学エージェントMTSC留学センター
http://www.mtsc.com.au/

メルボルンの情報はメルボルンの達人で!!
http://www.melbourne-tatsujin.com/

メルボルンオプショナルツアー、便利、安心、お得の「AAOトラベル」!
http://www.aaozt.com/optour/melbourne/opindex.html   

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 05:04Comments(2)格安セブ島珍道中

2011年01月19日

格安セブ島珍道中!その① -セブ島留学って?編- 

こんにちは。お久しぶりです。最近メルボルンは気温も低めで夏ですが非常にすごしやすいですね。

さて、この年末年始セブ島へ行ってきました。



最近日本でも人気になってきた超格安&ハイクォリティーセブ島留学とはどんなものかをレポートするために!



という名目でしたが、頭は完全にホリデー一色(笑)



そのレポートを今日から9回に分けてレポートします!

まずは、セブ旅行が決定したのが1ヶ月前と直前だったのと丁度クリスマス時期だったので良いチケットは全て完売。。。あれこれ苦労して探した結果、マレーシア航空で何とか買えそうなチケットを発見!ルートは



メルボルン→クアラルンプール→マニラ→セブ島



という2回乗り継いでいくというちょっと面倒なものに。総時間19時間の大移動。乗り継ぎ時間などが悪かったせいで、本来なら半分位の時間でいけます(笑)日本からは4時間程度でいけます。時差も日本とは1時間しかないので移動も楽です。





しかし、そんなものにはめげません!まずはマレーシアはクアラルンプールに飛びました。







天気は曇りでしたが、北半球でもマレーシアは暑かったです。



そして目に入ったのは日本語表記のある看板



 



マレーシアには日本人が多いのでしょうか。右側の写真では英語と日本語の表記しかありません。

普段日本語表記などまず期待できないメルボルンなのでちょっと嬉しくて写真を撮っていたら、この看板は何か特別なものなのか?というう風に数人が足を止めてこの看板をまじまじと見ていました(笑)



ここで5時間程トランジットの時間があったので、誰でも使えるという有料ラウンジでマッサージ機でずーとマッサージしていたら逆に背中が痛くなるというアクシデント!確かにマッサージを数時間ぶっ通しでやる人など通常居ないので設計者も計算できなかったことでしょう。



気を取り直してマニラへ!



このマニラでの乗り換えが曲者です。今回はマニラからセブへは格安航空会社のセブパシフィック航空を使ったのですが、セブパシフィック航空は新しくできた航空会社でターミナル3が専用ターミナルになっています。通常使われるターミナル1からはシャトルバスが出ていますが、バスを待っていたり、ターミナル間の距離も結構ある(途中一般道を使います)ので数十分はかかってしまいますので、セブパシフィック航空を使う方は乗り継ぎ時間は最低2時間、出来れば2時間半~3時間位あった方が良いですね。



この写真はターミナル3の目の前の風景です。







ターミナル3はとても新しく綺麗で、格安航空会社のターミナルとは思えません(笑)

格安ということもあり、大人気なのでチェックインの時間も考えるとやはり余裕をもったプランニングが必要ですね。



 





セブパシフィックは本当に激安で、マニラとセブ間は片道3000円程度から!

関空からマニラ往復が3万円以下なんてこともあります!

是非皆さんもセブに行く時はご利用ください!



★セブパシフィック航空のWebsite

http://www.cebupacificair.com/web-jp/index.html




そして、マニラ-セブ島間は約1時間15分のフライトです。



セブ島の空港に到着すると、空港を出た所にホテル送迎タクシーがあり、495ペソ(約990円)定額で僕が宿泊したAlpa city suites hotelまで送迎してくれました。この料金は通常タクシーより若干高いようですが、綺麗な車でぼられる心配もないのでセブに初めて行く人にとってはお勧めです。



僕が宿泊したホテルは、ネットで探したのですがとても評判がよく名前もスイートがつくのでちょっと良いかなと思って予約しました。

でもハイシーズンでも1泊5000円程度だったので、あまり期待していませんでした。



★Alpa city suites hotelのWebsiteはこちら

http://www.alpacitysuites.com/




が、実際に行ってみるとかなり広さもあり、とても綺麗で、内装もちょっとお洒落な感じでびっくり!そして、何よりもホテルの従業員のサービスが素晴らしい!合計ココには5泊したのですが非常に満足度が高いホテルでした!









到着後、大きなベットでそっこう寝たいとも思ったのですが、まずは両替と夕飯をということで、セブ最大級のショッピングセンターの

「アヤラショッピングセンター」へ行ってきました。セブでは両替はショッピングセンターの両替所がレートが良く、また電光掲示板でレートが書いてあるので安心です。僕もいくつか調べてみましたが、確かに空港やホテルと比べて良いレートでした。オーストラリアドルも問題なく両替できました。



2010年12月は1ペソ=約2円となっていました。



フィリピンのお札は最大1000ペソ(2000円)なので、まとまったお金を両替すると財布が曲がらなくなります(笑)

10000ペソ札は無いのか?と最初思ったのですが物価の安いセブ島は1000ペソでも大金で買い物する時などはお釣りがないと

結構嫌がられます。特に移動の際に使うタクシーでは100ペソでもお釣りがないといわれる事も!

なので20ペソ50ペソ札が非常に重要になります。ここはセブで暮らす際の大きなポイントになります。



両替後ショッピングセンター内にある、カジュアルチャイニーズ店でチャーハン+コーラーのセットを頼みました。









量も結構あって、味もしっかりしています。さあ、皆さんこれいくらでしょうか?









なんと69ペソ!!つまり約140円!

安い!驚いてしまいました。夕飯が外食して140円。まさに奇跡の金額(笑)



その後ショッピングセンターをうろうろしてみたらクリスマスシーズンだったので、大きなツリーが飾られていました。









セブ島(フィリピン)はキリスト教の国で国民の90%はクリスチャンなので、クリスマスの飾りは街中あちこちにあります。



その近くでは子供達が電動バギーにのってぐるぐると回るアトラクション(?)で楽しんでいました。

そーいえば、昔自分もこういう乗り物系が好きで良く親にねだって乗せてもらったなあと懐かしい思い出に浸ってみたり。

本当に子供って無邪気ですよね。









と、のほほんとしてショッピングセンターを出てタクシーを拾うと思ったのですが、この日はクリスマスでタクシーの台数も少なく

ショッピングセンターが閉まる時間も近かったので、全然タクシーを捕まえられず暑い中1時間半タクシーを待ち続ける羽目になってしまいました・・・通常は簡単にタクシーは捕まります。



ホテルに帰ってきたのは夜の11時過ぎ・・・・

到着日いきなり、セブの洗礼を浴びたのでした。



おかげでぐっすり眠る事ができました。



めでたし、めでたし(笑)



さあ、明日はセブ島の観光地に行く予定です!



お楽しみに!



★格安でハイクオリティーのセブ留学はこちら

http://www.philippine-ryugaku.com/






 



メルボルンで最も歴史ある日系無料留学エージェントMTSC留学センター
http://www.mtsc.com.au/

メルボルンの情報はメルボルンの達人で!!
http://www.melbourne-tatsujin.com/

メルボルンオプショナルツアー、便利、安心、お得の「AAOトラベル」!
http://www.aaozt.com/optour/melbourne/opindex.html   

Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 05:00Comments(4)格安セブ島珍道中