プロフィール
メルボルン好きタコ社長のスタッフ達
メルボルン好きタコ社長のスタッフ達
気がついたらメルボルンに移り住み、メルボルンの生活がすっかり身についてしまった。そんなメルボルン好きの仲間達がここメルボルンから現地情報をお伝えしていきます。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ人気ブログランキングへ

2010年11月30日

苗字は大文字で。





今日も天気が良いですね!

写真は先日友人と釣りに行った帰りの車の中からの一枚。いやあ広いですね。ここは特にど田舎というわけではなくシティーから車で30-40分行ったところなのですがやっぱりオーストラリアは日本とは違い広いなあと感じますね。

今日は写真とは全く関係ないのですが英語のマメ知識を一つ。仕事で外国人にメールを出すことも多いのですが(オーストラリアでは僕が外国人ですが(笑))、ちょこちょこ問題になるのは外国人の名前。男か女かも分からない事もありますし、どちらかが苗字でどちらが名前かも分かりません。しかもこれが英語圏以外となともうさっぱり分からないことも少なくありません。

日本人であればTaro YamadaとあればYamadaが苗字でTaroが名前だなと分かるのですが、これは日本人だから分かることであって日本になじみのない国の人にとってはどっちがどっちか分からないという事もあります。仕事で英語のメールを使う人は悩んだ経験もあるかともいます。

そんな時に、役立つ一つのルールがあります。それは苗字を大文字にするという方法。
例えば、Taro YAMADAとかけばYAMADAが苗字だということがわかります。
これは、徹底されたルールではないのですが特にアメリカなどでは普及しているとのことです。アメリカの電話帳はこのようになているようです。もともとは歴史上の人物に対して使われていたルールのようですが現在は一般的に特にビジネス上で使われているようです。

皆さんも始めて外国の人に送るメールでは苗字を大文字にして送ってみるのも良いかもしれません。

メルボルンで最も歴史ある日系留学エージェントMTSC留学センター
http://www.mtsc.com.au/

メルボルンの情報はメルボルンの達人で!!
http://www.melbourne-tatsujin.com/

メルボルンオプショナルツアー、便利、安心、お得の「AAOトラベル」!
http://www.aaozt.com/optour/melbourne/opindex.html


Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 05:12│Comments(3)
この記事へのコメント
苗字の話、初めて知りました。
確かに男性か女性か、苗字か名前か分からないこと多々ありですよね。

私は外国人の名前はなかなか頭に入らず、覚えられてないことが多いです。

日本人なら、例えば中山さんという方が「中山です」と自己紹介されたらすぐに頭に入るのですが、外国人の名前は慣れないですね。
Posted by オージー2世 at 2010年11月30日 06:30
なるほど~。
それはとってもいい情報を教えていただきました。
今後使わせていただきます♪

オーストラリアは本当に広いですね。
空が日本よりも、もっとずっと広くて高く見えます。
特に高い建物の少ないケアンズは尚更ですねw
Posted by 小梅koume小梅koume at 2010年11月30日 08:45
>オージー2世さん

このルールはオーストラリアではあまり認知されてないようですが、仕事でもらうメールではたまに見かけます。
外国人の名前は本当に分かりません。
向こうからすれば日本名も同じだと思いますけどね(笑)

>小梅さん
是非このルールを普及させましょう。
そうすればちょっと楽になりますよね。
ケアンズはもっと広い台地を感じることが
出来そうですね!!
Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 2010年11月30日 18:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
苗字は大文字で。
    コメント(3)